今日は、マンツーマンで正しい首の位置を体に覚えこませることに重点をおいて行いました。

立った状態で、首を正しい位置にご自分で直すことは、最初は難しいもの。

仰向けで寝た状態(詳しくは、シャバアーサナ探求の道 ~整体並みに体を矯正できる屍のポーズ~ をご参照ください。)

から行っていきましょう。

下半身・上半身ともきっちりと左右対称にしてから、頭を上げてご自分の正中線を確認後、第一頚椎を正中線上、且つできるだけ遠くに離すようにおいていきます。
このとき、頭を下ろす途中で、あごが上がってします場合がありますが、途中であごを上げてしまっては、首の後ろの皮膚がきっちりと伸びません。

ここを最大限に伸ばすため、最後まであごを上げずに、第一頚椎を床におろしていきましょう。
ポイントは第一頚椎の後ろ側の真ん中の一点。ここを意識してゆっくりと床におろしていきます。

このとき、第一頚椎は、完全には床に付かず、少し浮いている状態ですが、床に押し付けるような感覚です。
床におろした後も、この一点はずっと床に押し付けるようにしながら、恥骨からあご先までの、体の前側の皮膚を伸ばしていきます。

第一頚椎を床に押し付けるようにしたままだと、首の前側の皮膚にしわがよった状態になるので、恥骨を床につけたまま、このしわを伸ばすために、あごを少しずつ上げるようにしながら恥骨からあご先までの皮膚をのばしていきましょう。

この時、腹筋をかなり使わないと恥骨からあご先までの皮膚が伸びていきません。

きっちりと第一頚椎の後ろ側の真ん中が床へ押さえつけられていれば、床の前側の皮膚が伸ばされ、腹筋が使われながら頚椎の一骨一骨にスペースができて、ものすごく首が伸ばされて行くのがわかるはず。

更に、肩先、左右の肩峰をきっちりと左右対称に床に押し当て、この2点と第一頚椎の真ん中で、綺麗な二等辺三角形ができているか、ご自分の体をスキャンしてみます。
「見えないものを見ようとする力」を養っていきましょう。

この力が養われていくことで、いかなる状態、環境、アーサナやワークアウトのときでも、ご自分の体をチェックすることができます。
ご自分のペースで養ってみてください。
回数を重ねるごとに、感覚が研ぎ澄まされてゆくことでしょう。

 

参加された方のご感想です。

・首の位置がピシッと決まった気がしました。
いつものシャバアーサナ(屍のポーズ、仰向けで寝るポーズ。)よりも、もっと気持ちよかったです。
いつもは、後頭骨をつけて、というイメージだったのですが、今日は、首をものすごく伸ばした感じがして、すごく気持ちよかったです。
腹筋もきちんと使えました。
毎日頑張ってやってみます。

・立った時、首の位置がきっちりと整うと、それだけで頭の重さが違います。
ーーーーー今までは、首だけで支えていた頭の重さを、体幹全部を使うことで、頭の重さが分散され、頭が軽く感じられ、首の負担が減ってきます。
ほんのちょこっとした、2~3ミリくらいの違いでも、意識するだけで変わってきます。

・首の位置が少し違うだけでこんなに違うなんて、すごく不思議です。
意識が向かないと、すぐにいつもの癖のついた、楽な方にいってしまいます。これで何十年と過ごしてしまうのかと思うと、怖いです。
ーーーーー実は、寝ている間も、楽な姿勢をとってしまうことから、放っておくと、1日24時間、365日楽な姿勢でいてしまうため、このまま幾十年と過ごしてしまうと、それだけで体にはものすごい負担がかかってしまうのです。
まずは意識することが大切です。

ご自分の感覚を研ぎ澄まし、カラダと対話することからはじめてみましょう。
幾年月、何十年経っても健やかで美しい体のために。
ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ