前回、リフトやゴンドラでアップすることのメリットについてお伝えしました。

今日は、「狭いスペースでも末端から体をほぐす」ためのアップの仕方についてご案内します。
リフトなどで、バランスを崩すとタイヘン危険です。安全に気をつけて、自己責任のうえ、行うようにしてみてください。

 

合間の体ほぐしに最適! 末端をほぐして全身がめぐってくる。

1、きちんと座りましょう。

  • 深く座ります。骨盤を立て、仙骨が座面に対して垂直になるように腹筋を使いましょう。大転子のボルトを座面に重たく沈めます。
    *大転子のボルト:左右の大腿骨の外側にあるぐりぐりとした部分を結んだ線。ここにボルトが一本と追っていることをイメージしたもの。
  • ウエストのボルトを大転子のボルトの真上になるようにしましょう。このとき、腰を反らないことが大切です。肋骨を前に出さないように気をつけましょう。
    *ウエストのボルト;左右のウエストの一番くぼんでいる部分に一本ボルトが通っていることをイメージしたもの。
  • ウエストのボルトを骨盤から引き抜くように真上に伸ばします。
  • 肩のアライメントを整えましょう。鎖骨は真一文字。左右の肩先を遠くに離しましょう。この肩先にもボルトが一本通っていることをイメージして、真横に長く引き伸ばすようにしましょう。
    *アライメント:配列。
  • 耳のボルトは肩のボルトの真上、且つ肩関節から引き抜くように上に伸ばします
    *耳のボルト;左右の耳の穴同士にボルトが一本通っていることをイメージしたもの。
  • 頭頂部は下へ第一頚椎を上に引き上げたまま頭頂部を重く沈めていきましょう。うまく使えると腹筋が上に引きあがってきます。
    *第一頚椎:首の骨の一番上の部分。

 

2、右手を方の高さに。

肋骨を出さないように気をつけながら、肩関節だけを回して右手を肩の高さまで上げましょう。体幹をしっかり使わないと腰を反ったり、肩が前に出てしまったりしてしまいます。肩は後ろにしながら鎖骨の長さをキープしつつ手を上げていきましょう。

3、右手の指先を上に。

アライメントを崩さないように気をつけながら右手首を曲げて手のひらを前に見せるように指先を上に。左手を指の付け根に添えて自分のほうへ倒します。このとき、横から見たら大転子、ウエスト、肩、耳のボルトが一直線、且つ座面に対して垂直になるようにしましょう。

 

4、右手の指先を下へ。

今度は右手の甲を前に見せるようにして指先を下に。左手を右手首に近い位置の手の甲に添えて自分のほうへ近づけます。吐く息ごとに深~く近づけていきましょう。手首に意識を集中させます。

腕を前にしながら肩を後ろにすることによって、手首だけでなく肩周りをほぐすことができます。腹筋をきちんと使わないと腰をそらしてしまい、腰痛の原因になりかねません。ぎゅーーっと締めていきましょう。
ここできちんと締めることでコアがしっかりとし、次にすべるときに体の中心が定まり、体を使いやすくすることができることでしょう

 

5、反対側でも行いましょう。

 

単に「手首の曲げ伸ばし」でしかありませんが、きちんとポイントを抑えることで、上半身のアライメントが整い、体中の血の巡りが良くなってきます。

ポイントは、
アライメントを整えること。

ここからすべての動きをはじめることで、ワークアウトの質が格段に違ってきます。

次回は肩周り編です。
寒い場所でも冷やさない。体をほぐす。体を整え、快適なすべりを楽しみましょう。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ サイトについて(免責事項、利用上の注意、プライバシーポリシー、著作権など) <免責事項>当サイトの情報の利用に当たっては、利用者ご自身の責任で行ってくださいますようお願いします。当サイトの情報は各記事を作成した時点で正確なものとなるよう努めていますが、内容の完全性、正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用した結果について一切の責任を負いませんので、ご理解の上当サイトの閲覧をお願いいたします。