こんにちは。
12月に入ってこれからますます寒くなるこの時期、足先の冷えにも早めに対策しておきたいもの。
足先の冷えの対策には、靴下を何枚も重ね履きしたり、靴下の中に唐辛子をいれたり、足用のカイロを入れたりなど、様々あります。

これらのグッズ、足先がヒエヒエで辛い方、しもやけでお悩みの方には、必須なアイテムですが、できればアイテムを使わずに自分の力で足先の冷えにも強い体をつくりたいもの。

アイテムに頼ってばかりいては、「自分で何とかしよう」とする能力が衰え、年齢とともに老化の一途をたどってしまいます。

体を使って「自分で何とかする」力をつけることで、体が目覚め、若々しさを保つことができます。そのためには、「冷えにダイレクトにきく部分の血流を上げる」ことが大切です。

 

1.足先の冷えにダイレクトに利く部分の強化方法

足には両足あわせて人体の四分の一以上の骨が集中しています。
主に足のかかと側、土踏まずのあたり、拇指球から指先にかけて、の三つのパートに分かれています。

この三つの中で、拇指球から指先の部分が一番可動域が広いのはご想像の通り。
この部分を効率よく動かしてあげることで、足先が温まり、ひいては太ももの付け根までの脚全体の筋肉を使うことができます。

更に、脚から繋がっているお尻や骨盤周りの筋肉も使えて脚ヤセ効果も期待できます。

余談ですが、「脚ヤセ」は、夏直前にあわててやるものではなく、寒さを利用して冬に鍛えるもの、と私は思っています。
学校のマラソン大会や駅伝などもお正月や2月の寒い時期に行われますよね。

 

「寒い時期に鍛える」

 

これが人間だけでなく生命が若々しさを保つ基本なのです。
褐色脂肪細胞は、気温の低い状況下で活性化することが分かっています。

「寒い」からといって動かすことなくただ暖めるだけの生活では、アンチエイジングやダイエットの機会をみすみす逃すようなもの。
とてももったいないことなので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

2.足先を暖めて全身ポカポカになる方法

2-1.自分の正中線を意識しましょう。

正中線から両足が左右対称になるように立ちます。

 

2-2.かかとを意識します。

踵から真後ろにレーザービームが出ていることをイメージしてその線が正中線と平行になるように調整します。

 

 

2-3.足首から前側を意識します。

踵から出たレーザービームが今度は足先に向かって放たれているとイメージします。
脚の横幅のちょうど真ん中を通ります。

 

2-4.脚の指を意識しましょう。

拇指球、小指球に均等に圧がかかるようにこの2点で床を押します。

拇指球側が強かったり、小指球側が浮きそうにならないように、まずは「感じて」みましょう。
ハイヒールやバレエシューズなどを履いて拇指球に負担がかかっている方は、この、「拇指球、小指球の圧力を均等にして床を踏む」ことでかなり改善される可能性があります。

実は、外反母趾など、拇指球への負担は、靴を履いているときだけではなく、家の中などの靴を履いていない場合でも、ご自分の癖や、足や体の骨格などによりかかってしまっていることも多くみられます。
まずはご自分の今の状態を観察してみましょう。

 

2-5.脚の指の頂点を意識します。

脚の正中線(先ほどの足首の真ん中から出たレーザービーム)から左右対称に圧力がかけられたら、5本の足の指の頂点に意識を向けましょう。
ここを床に付けるようにします。

日ごろ、足の指を動かすことに慣れていない方は、「つりそう~~!」になるかもしれません。
自分の体と相談して、ご無理のないように行ってください。

 

ポイント1. 5本の指の頂点を均等に床につける。

 

指の長さなど、個人差によってやりやすさややりにくさがありますので、自分で「いい位置」に調節しながら「5本の指を均等に」使って、5本とも床につけることを意識しましょう。
ここで、先ほどの「足の正中線から左右均等に圧力をかける」ことがいきてきます。

 

ポイント2. 床にペッタリとつけない。

 

「つりそう~~!」な方は、ポイント1で十分です。加減をしながら行ってください。
「まだ余裕~☆」な方は、5本の指の「5つの点」だけをちゃんと床に乗せるようにして見ましょう。
足の指の筋肉を使うことで、土踏まずも使え、かかとに体重がしっかりと乗ります。

結果として、それを支える脚の筋肉も使えてきたことを実感できれば、成功です。
床への接地面を減らすことで、床からの冷たさが指先にダイレクトに伝わるのを防ぐ効果もあります。

 

ポイント3. 空気の層を作る。

 

足指と床の間に空洞を作り、この空気の層を、指を丸めたエネルギーで暖めるようにイメージしましょう。
ここに意識が向くだけで、指先までエネルギーがいきわたるようになります。

どんな運動にも当てはまりますが、1~2分で効果を実感できるわけではありません。
はじめてから15分以上続けることで血流がめぐっていきます。

頑張って続けてみると、不思議なことに全身がポカポカになってきます。
足先が温まることで、全身に血が通いだします。

もちろんお顔にも血がめぐってくるので、アンチエイジング効果も期待できます。
足先が冷えヒエになっている方は、2~3度試したくらいでは効果が表れにくいかもしれません。
続けることで、「足先にも血がめぐりやすいからだ」をつくっていくことができます。あきらめずに何度も試してみてください。

お料理をしているとき、お洗濯をしているとき、お掃除のとき、電車やバスを待っているとき。
暮らしの中で、ちょこちょこと取り入れて、「足先まで自力で血流を上げられるからだ」をつくってみてくださいね。
ポカポカ暖かい体で、冬を乗り越えられますように。

ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ