我が家には二人、アトピーちゃんがおります。
長男と三男。

なかでも長男は重度のアトピーちゃん。
成育医療センターのアレルギー科を受診後、そのまま入院してしまった猛者です。

そんな彼も、今ではすっかり綺麗な体に。
周りの方からは、「アトピー」とは気づかれないほどに。

当時年中(4歳)だった彼は、生まれてしばらくしてから湿疹があり、
乳児湿疹かと思い、しばらく様子を見るもますます悪くなるばかり。

近所の皮膚科にかかるも、「成長していくにつれて落ち着いてきますよ。」
のお医者様の言葉に、そのままステロイド付けの日々。
このままでよいのだろうかと、悶々としておりました。

そんな時、主人が成育のホームページを見つけます。
予約4ヶ月待ちのあと、受診しました。

「即入院」と聞いて、涙の出る思いもぐっとこらえつつ、
彼には笑顔で接し続け、

「入院したら、体綺麗になるよ~。もうかゆくならないんだよ~。
夜中、ぐっすり眠れるようになるんだよ~。よかったね~。」
といい続けました。

彼に、と同時に、私に納得させるように。

思えば、和室でみんなで一緒に寝ていた私たち一家は、
彼の掻き壊しの血で畳や布団は染まり、

ボリボリボリボリボリボリボリボリボリ・・・・・・。
の音で眠れない夜が続き、先の見えない真っ暗闇の中、

「成長して体力がつけばなおるんだ・・・!」
という先の遠い遠い希望だけで暮らしていました。

それが今では、まるで違う生活を送っています。
治療法の違いでこんなにも結果が異なるのかと。
多くの方にぜひ知っていただきたいです。

重度のアトピーだった彼は、入院後1週間で美しい、まっさらな体になりました。

ステロイドで。



1日3度の入浴のあとの薬の塗布。

百人一首を口ずさみながら。
ヨーィ・ドンで競争しながら。
歌を歌いながら。

手を変え、品を変え、
親子の共有する時間を大切にしながら入浴タイムを乗り切りました。

 


アトピー改善のための薬の塗り方のポイント



1週間ステロイドのみの塗布のあと、徐々にステロイドの量を減らしてゆきます。

ここからがこの治療法の真骨頂。

ステロイドを1日3回塗った次の日は、1日中保湿の日。
次の日はステロイドオンリーの日。
その次の日は、保湿。・・・・。

というように、だんだんステロイドの量を減らしてゆく。
一気にやめてしまったりすると、その副作用がコワい、といわれているステロイドを、

最大の効果を引き出しつつ、最小の体の負担にしていく。
優れた治療法だと感じました。

お医者様の管理の下、その子の体にあったペースで薬をコントロールする。
明確な目標ができたことで、重度のアトピーで滅入っていた私たちには、
一条の光が差し込んだような思いでした。

それからおよそ11年。

今では長男は、すっかり自分でケアをして、
自分の体・病気のことをごく当たり前のこととして受け止めています。

自分自身でコントロールできる。
親としては、「一つの役目が終わった」感があります。

これからも一生ついてまわる病気ですが、それを真摯に受け止め、
体調の変化を自分で感じ、対処できる能力がついたことは、
彼にとってのかけがえのない財産ではないでしょうか。

すべての方々に感謝をこめて。
これまでも、これからも。

ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ