美しく座ると気分もアガル

日常の何気ないワンシーンで「美しく座る」
ことができると、それだけで女力がUPした気がしますよね。
今日は、自然に見えて、かつ美しい座り方について、 お伝えします。


普段の保護者会や入学式・卒業式などで、
いくら「美しく座る」といっても、モデルさんのように、

脚を斜めに美しく流すような座り方」は少しやりすぎな気がしてなかなかできないもの。

 

日常での美しい座り方は、やはり

両膝をそろえてかかとの真上に膝が来る」ような座りかた。

 

この座り方、意識していないとどんどん膝が離れていって、
タイトスカートなどでは少ししまりのない感じになってしまいます。

この座り方は内転筋が必要。
日ごろのトレーニングがモノを言います。

だからといってあきらめる必要はありません。
もっと簡単にできる方法も実はあります。

ポイントは坐骨


やりかた

まず座るとき、

  • 坐骨を意識してなるべく左右の坐骨を近づけて浅く座ります。
  • お尻のほっぺはイスにつけません。
  • 坐骨だけで座っている意識が大切です。
  • 自分史上最小のお尻をつくるつもりで。

この部分はがんばってください。

 

最小尻で座ったら、

「イス」と「お尻、腿、坐骨の接地面」をセメントで固めたと思って絶対離さない。
この状態をキープしたまま

  • 坐骨を広げようとしつつ、
  • 坐骨からかかとを遠くに離すつもりで床をぐっと踏みしめる。

 

坐骨と膝、

坐骨とかかと

を遠くに離し続けることによって、 膝がくっついたままの姿勢をキープできるのです。

 

大切なのは浅く座ることと坐骨、膝、かかと位置関係。
これらを遠くに離し続けることにより、 自然に腹筋・背筋・内転筋などの筋肉たちをバランスよく働かせることかできる。

 

そして忘れてはいけないのが腹筋
腰椎に負担をかけないように、腰を反らさないように、 腹筋を持ち上げ続ける。

おへその両側はずっと背骨のほうに引き寄せ続ける

何気なく座る行為が、実はトレーニングになる。
雪の降る卒業式などにも、体温が上がってお勧めです。
何度か試してみて、ご自分にあったポジションを探してみてくださいね。

 

お読みくださり、ありがとうございました。