常々思っているのですが、自転車は体幹をつくる優れたツールです。

幼いお子さんが初めて自転車に乗ろうとするとき、ハンドルがぐらぐらして倒れてしまったりしますよね。

あれは多くの場合、体幹で支えようとせず、腕の力だけでがんばってしまうから。
腕力に限りのある幼いお子さんが、腕の力だけで何とかしようとするのは、無理があります。
何度か練習するうちに、体幹で全体のバランスをとるコツをつかみ、乗れるようになっていくのです。

だから、自転車は、

体幹が命。

これを上手に利用すれば、ママチャリでも十分な体幹トレーニングツールとなります。

乗ったとき、まず自分の正中線を意識します。

前から見たとき、自分の正中線が地面に対して垂直になるように保つ。

 

次に坐骨。左右の坐骨から頭頂部をなるべく遠くに遠くに離す。この3点で長い長い二等辺三角形を作ります。

この時、おへその両側は、背骨の方に。肋骨の底部は、骨盤のほうへ向けます。この肋骨の向きが大切になってきます。
これだけで体幹がいい感じに出来上がってくるはず。

この美しいアライメントを崩さず、1ミリも動かさないように、坐骨からかかとを離し「続ける」
この「続ける」ことがポイント。決して気を緩めてはいけません。

そしていよいよこぐときです。
こぐときは、「踏む」を意識するのではなく、あくまでも「引く」に集中する。
「引く」と脚はペダルから少し浮きます。

はっきり言って、ハタカラ見ると片足だけでこいでいる状態です。でも意識は「引き足」。
この意識の違いだけで、驚くほど体幹がしっかりしてきます。

ぶっちゃけ ピラティスのフリースクロス並み。
どうぞ、お試しあれ。

ちなみに、道路事情には、くれぐれもお気をつけてくださいね。
安全運転第一です。責任は取れませんので、各自の責任において行ってください。(笑)

(注:電チャリの場合は、電源を切って車体を重くすると効果倍増。)
お金のかからない体幹トレーニング法で、一人でも多くの方が、より美しく健やかになられますよう、お祈りしております。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ