肩こり、首コリ解消のエクササイズについて前回までお伝えしてきました。
今日は、効果的にエクササイズするために、「余計なところに負担をかけない」ポイントについてお伝えします。

関連記事:

 

一つのことを克服すると、今度は違った場所に負担を「代替わり」させる傾向が、人間の体にはあります。
「いかに楽をするか」。体は楽なことを知っています。何も考えずに行うと、ある一部分に負担がかかり、痛みを引き起こす場合も。

肩こり、首コリ改善エクササイズを行う際、肩、首を動かそうとして、肩、首はそんなに動かないのに、実際に動かせる可動域を超えて動かそうとしてしまい、別のところが動いてしまうことがあります。
代表的なところが

肋骨そして

 

肋骨が前に飛び出てしまったり、腰が沿ってしまったりして、余計な力が入ると、その部位を痛めてしまう恐れがあります。
そのため、「腰を反らないように注意する」事が大切になってきます。

 

腰を反らないように注意するために

首や頭を後にもっていくとき、つられて肋骨が前に飛び出してきてしまうことが多くあります。

原因は

「腹筋の弱さ」そして「形状記憶」

 

腹筋が弱いと、首や頭を後にする力に抵抗できないため、肋骨が前に飛び出てしまいます。肋骨と肋骨の間の筋肉、肋間筋を縮めて肋骨を内側に収める作業が必要です。
この筋肉は深層筋、骨に一番近い筋肉で、外から(皮膚から)直接アプローチことは難しい。

また、肋骨がついているため、ウエストよりも下にある腹筋よりも鍛えにくい、という特徴があります。
日ごろ何もしていないと、あっという間に落ちてしまう筋肉の一つです。

 

反り腰防止のポイント~その①腹筋を使う~

1、おへそを意識

  • おへそからレーザービームが出ていることをイメージします。
  • そのラインが床に対して平行になるようにしましょう。
  • さらに、おへそが前の壁と真向かいになるように調整します。

反り腰になっている場合、おへそのレーザービームが下向きになってしまっています。ウエストよりも下の腹筋を使っておへそを正面に向けましょう。

 

2、お尻を意識

  • お尻の真ん中からレーザービームが出ていることをイメージしましょう。
  • そのラインが床に対して平行になるようにします。
  • おへそのレーザービームとも平行になるように調整しましょう。
  • 太股の前側、股関節の前側の筋肉を思いっきり伸ばします。
  • 腹筋を上に、股関節を下にするようにして見ましょう。

 

3、肋骨のボルトを調整

  • 左右の肋骨の真横にボルトがあるとイメージします。
  • それが床に対して水平、且つ骨盤の真上に来るように調節しましょう。

「反り腰」の方の多くは、このボルトが前に飛び出てしまっています。意識して、後に収めるようにしましょう。

 

4、腹筋を意識

  • おへその両側を背骨に貼り付けるようにしましょう。
  • できるだけ、お腹を薄~くして腹筋を使い、腰を守るようにします。

 

「反り腰」は、「腰痛の悪の親玉」ともいえるべき姿勢です。

一見「美しい」姿勢に見えるかもしれませんが、その実、

  • 腹筋を使っていないので、お腹は垂れ、
  • お尻の筋肉も緩んでいるので、お尻も垂れ、
  • 実は「隠れ猫背」なため、胸も垂れ、
  • 更に股関節が屈曲するため、腿の後ろ側の筋肉が発達しないため、腿が太くなる

 

最悪の姿勢です。
きちんと整えて、美BODYを作っていきましょう。

次回は、エクササイズを行ううえで押さえておきたいキーワード

「形状記憶」

について、お伝えします。
このことをしらないでエクササイズを行っていると、「なぜ自分の体がコントロールできないのか」がいつまでたっても分かりません。
自分で「行っている」つもりでも、このことを知らないまま行っていると、実は「出来ていない」ことが多々起こります。

しっかりと身につけておきたいスキルです。

「正しいエクササイズ」を知り、行うことで、
幾つになっても、年齢を感じさせない美しさを更新し続けていきましょう。。

お読みくださりありがとうございました。