普段気をつけていても、ふと気がつくと前かがみになったり、肩が前に出てしまっている、いわゆる「肩丸まり姿勢」になったりしていることはありませんか?肩が前に出ていると、それだけで肩に負担がかかり、コリの原因に。できるだけ後ろにしておくことが大切です。

このとき、特に注意したいのが、実は「わきの下の皮膚」。この部分がベタッとくっついてしまってはいませんか?ここがくっついていると、いくら「肩を後ろに」と、意識しても、すぐに前へと丸まってしまいます。一度、完全に離してあげましょう。

肩のアライメントを安定させる、わきの下の皮膚のポジションの取り方

 

1、完全に脇を上げます。

肩は下へ下へと下ろしながら背筋を伸ばし、首の骨を上にぐ~~~っと引っ張っておきましょう。この位置をキープしながらひじを上げ、わきの下の皮膚が全くくっついていない状態にします。

 

2、ひじを後ろに引きましょう。

腰を反らないように気をつけて、腹筋を使いながらできるだけひじを後ろに持っていきましょう。このとき、肋骨は前に出さないようにしながら、肩甲骨で胸を押します。

 

3、わきの下の皮膚を持ち上げます。

まず左手で右のわきの下の皮膚を押さえ、右ひじを下ろしながら左手を挟み込みます。ぎゅーっと挟み込んだら、ゆっくりと左手をずらすようにして引き抜き、わきの下の皮膚をこの状態でベタッとくっつけるようにします。

最初のわきの下の皮膚がくっついていた位置と違うことが感じられるでしょうか?この皮膚の位置をキープすることで、肩がついつい前に出そうになることを防いでくれます。

 

4、反対側で同じことをします。

右のわきの下の皮膚をできるだけ動かさないように気をつけながら、左のわきの下の皮膚を安定させましょう。
なお、右が先でも、左が先でも構いません。時々反対側から行うようにすると、左右均等に使うことができるでしょう。

 

5、肩と首のアライメントを確認。

最後に、左右の肩先同士を結んだ線が、できるだけ長い距離になるように、且つ、脊椎に対して垂直になるようにしてみましょう。この、「肩先を結んだ線」から第1頚椎が垂直に上へ上へと思いっきり高くなるようにします。

 

6、腕を上げる作業のときは。

「洗濯物干し」など、もし、「わきの下の皮膚がベタッとくっつかない作業」をする場合は、わきの下ができるだけ1ミリもくっつかないようにしてみましょう。このとき、わきの下はくっつけずに、肩甲骨で胸を押し、腹筋に力を入れて肋骨の一番下の部分が前に出ないように気をつけます。肩は下げたまま、第1頚椎を伸ばしてゆきます。

 

まとめ

やってみると、「結構肩が前に来ていたんだ」ということが分かるかもしれません。肩こりの大きな原因といわれている「肩丸まり姿勢」。皮膚の抵抗も使って、改善してみてください。

辛い症状で悩んでいらっしゃる方に。一日も早くよくなりますように。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ