読書の秋、スポーツの秋、そして食欲の秋です。栗やなし、柿にぶどう、とにかく食べるものがおいしい。自制しないとついつい食べ過ぎてしまいます。私の通っているピラティスの先生は「腹6分目」を提唱してますが、なかなかコレが難しい。

年齢ときれいに反比例し、年々胃袋の許容量は減り続け、あっという間に「6分目」なんて通り越してしまいます。身体が重くなった次の日のヨガやピラティスは、身体が思うように動きません。いくら自宅でセルフで頑張っても、「おいしい秋」の前にあっけなく降伏してしまっている始末。

そこで。1ヶ月限定で、久しぶりに以前通っていた個人の先生のピラティススタジオに通いつめることに。「毎日」のつもりでしたが、先生のご都合のため、週に1度くらいのお休みを挟みつつ、「ほぼ毎日」のように通うことにしました。

初日。「あ~。やっぱセルフだとなまってた~! 追い込みがちがいすぎる~!!」

2日目。「うんうん。すっごい楽しいー! この‘きつさ’がたまらない~!(注:Mではありません。)」

3日目。「あー! 人生楽しすぎる~! 身体が動くってサイコー!」

そしてお休みを挟んで5日目。「ぐわっ!! 身体が違うっ! 筋肉の質が! めっちゃ‘使える筋肉’になってる!」

更に6日目の朝。「おおぅっ! 身体が軽いっ!寝起きからすぐに‘全身筋肉’を感じる!」

そして7日目。「久しぶりに全身筋肉痛になったーー!」セルフではここまでの全身の改造はできない、と実感。「追い込んで」いただいたからこそ、次のステージに上がれたように思えます。

日々のセルフという土台をしっかりとつくった上で「追い込み集中レッスン」という栄養を与え、そうしてようやく「次のステージ」という花が開き始めた感じがします。新たな課題も見つかり、やはり「まだまだ奥は深い」ということを再認識。「一生かかる」といわれている通り、一生かけて、一歩ずつ歩んでゆきたいな、と思います。

1ヶ月の「追い込み集中レッスン」はまだまだ始まったばかり。毎日のセルフ。ヨガ・ピラティスのサークルの開催。ブログの更新。そして1ヶ月の集中レッスンとその復習。更に日々の雑務。

充実して、幸せをいただいて、人生ってなんて素晴らしのだろう。などとのんきに思っております。やはり、体の改善はメンタルにも影響するのもなのでしょう。課題が見つかるたびに、幸福感も倍増します。

「ここも改善の余地があるのねー。」なんて。素晴らしい先生にめぐり合えた幸運に。私のレッスンを受けに来てくださっている皆様に。生活を支えてくれている家族に。幸福を下さっているすべての皆様に。

幸運がなだれのように訪れますことを願って。そして感謝を込めて。
ありがとうございました。

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ