疲れたとき、怒ったとき、へこんだとき、気持ちに引っ張られて「見た目年齢」がぐう~んと上がってしまい勝ち。まず呼吸が浅くなる。それに伴って肺も縮まり、姿勢も丸まってしまう。

更にお顔も、「今、鏡見たくないーーー!」的な感じになってしまいます。このとき、まず注目すべきは実は「額」。人によっては額にシワがよってしまっているかもしれません。このシワを、「手」を使って伸ばしてあげましょう。ゆっくり「アイロン」をかけるように、または全く動かさないで「手当て」するように。手のひらと指を使って額全体を広げるようにします。

窪んでいるところはありませんか?「きゅっ」と縮まっているところはありませんか? ピクピクしてしまうところはありませんか?それらを「手当て」してあげる。

目の上や眉間をじわあ~っと広げるようにするだけで、「あ、目の周りの緊張を柔らかくしないと」などと、意識を向けることができ、目周りの力を抜くだけで頬の筋肉が上がり、頬の筋肉と連動して、下がってしまっていた口角が自然に引き上げって来る様な感覚を得られるかも知れません。

目元、口元が柔らかく整ってくると、自然と呼吸が整い、肺も正常に活動することができ、必然的に姿勢も整ってくる。姿勢が整うと、メンタルも整う。一瞬でネガティブマインドに陥ったとしても、訓練していけば次のアクションで収めることができるかも知れません。

怒りも悲しみも、疲れも、すべては「脳」が支配しているもの。「直接触ることのできる部位では、脳に最も近い皮膚」を「手当て」してあげましょう。幾度となく繰り返すうちに、心も体もすべてが整ってくることでしょう。

 

まとめ。

  • 額に手を当てる。
  • 額のシワが広がる。
  • 目元の筋肉が柔らかくほぐれる。
  • 頬が上がる。
  • 口角が上がる。
  • 目元、口元が整い、肺が正常に機能し始める。
  • 呼吸が楽になる。
  • 姿勢が整う。
  • メンタルが整う。→メンタルを自己管理することで、「老け顔」を予防、改善させる!

自分の一生。そのほとんどをどんな感情ですごしていたいのか。ネガティブマインドに引っ張られることがあったとしても、「自分の望む感情」に自力で戻すことができれば、自分の一生のマインドは、ほぼ自分で支配することができるでしょう。

何者にも揺るがない確固たる強さを持つことこそ、「老い」への抵抗なのかもしれません。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ