これまで、上半身、足首、内膝のコンディションを整えてきました。今日は、お腹太股そしてお尻周り中心に、ぐっと力を込めて安定したコアを作っていきましょう。

 

コアを使って体温を上げよう! 安定した滑りに導くために。

1、きちんと座りましょう。

骨盤が丸まっていたり、腰が反っていたりしていると、腰椎やその他の関節などを痛めてしまう原因になりかねません。

きちんと骨盤は立てて座ります。頭の重みが骨盤にダイレクトに伝わる位置を探しましょう。詳しくは、

末端からほぐしてコアをしっかりさせよう。 ~スキーやスノボの合間にヨガしよう! きちんとアップしてコンディションを整える!! その②~

をご参照ください。

 

2、手と足で押し合います。

 2-1、上下の動き。

手のひらで大腿骨の膝に近い部分を押し、大腿骨で手のひらを押し返しましょう。

  • 肘が外向き、1㎜だけ曲げた状態で。
  • 肩は後ろ
  • 肩甲骨は寄せないで、肩甲骨の間の筋肉を伸ばしながら胸筋も真横に広げるようにします。
  • 上半身のアライメントは崩さないようにしましょう。
    *アライメント:配列
  • 横から見たら、骨盤の上に肩、肩の上に耳たぶ、その上に耳たぶ、その上に頭頂部が来るようにします。
  • 骨盤は立てたまま、股関節だけを動かして膝を近づけるようにしましょう
  • 実際は手のひらで抵抗させているので、大きな動きはありません
  • 吐く息で緩め、吸って、次の吐く息で手と足で押し合いっこします。腹筋を使っていきましょう
  • 目的は、体温を下げない次のすべりのコンディションにつなげることですやりすぎに注意しましょう。

 

 2-2、内側の動き。

今度は手をクロスさせて膝の内側に。クロスが難しいようなら、左手を左ひざの内側、右手を右ひざの内側に当てます。

  • 膝の内側と手で押し合いっこします。押し合う部位が変わったことで、筋肉の使われ方も変わってきました
  • 内太股や腹斜筋が使われてきます。
  • 背中が丸まらないように遠くを見続けていましょう

 

 2-3、外側の動き。

  • 膝を閉じて、手のひらを膝の外側に。
  • 膝を開きながら、手は膝を閉じようとしましょう
  • 肩を後ろ
  • 肘の頂点を外側に。胸筋が開いて安定した、力強い上半身を作っていきます。

脚のコンディションを整えるとき、「脚だけ」「手だけ」でするのではなく、必ず「お腹」そして中心部、「コアを使っていきましょう。よりスムーズに体を使えるようになるはずです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?リフトやゴンドラは、疲れた体を休ませるための「ベンチタイム」だけではなく、次の動作にスムーズにつなげるための「良質な時間」にもなります。

ただ「体を休ませているだけ」ではもったいない。余裕がある場合、体温低下を防ぎたい場合など、ご自分の体に合わせて取り入れてみてください。

怪我なく、事故なく、ベストな状態で」シーズンを楽しめるために。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ サイトについて(免責事項、利用上の注意、プライバシーポリシー、著作権など) <免責事項>当サイトの情報の利用に当たっては、利用者ご自身の責任で行ってくださいますようお願いします。当サイトの情報は各記事を作成した時点で正確なものとなるよう努めていますが、内容の完全性、正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用した結果について一切の責任を負いませんので、ご理解の上当サイトの閲覧をお願いいたします。