坐骨神経痛とは、座骨神経に沿ってお尻から脚にかけて起こる痛みの総称を指します。
(「Medical note」『坐骨神経痛』)

 

空手や乗馬などで、膝を曲げ、いわゆる「中腰姿勢」で長時間キープしていた方にとって、膝の裏側や坐骨から太股にかけての筋肉を伸ばすことはとても「キツイ」と感じるのではないでしょうか。

この部分が硬い方の傾向としては、「骨盤後傾」の方が多い。

一概には言えませんが、長座になるときにお尻の肉をつけないようにしながら坐骨の頂点を真下に下ろして骨盤を立てることが難しい、と感じられるはずです。

実は、長座の姿勢で骨盤を立てるためには、坐骨から太股にかけての筋肉をしっかりと伸ばす必要がある。

この部分がチキンと伸びないと、背骨が尾てい骨のほうに引っ張られて骨盤が後ろに傾き、腰が丸まって腰痛の原因になったりするのです。

 

更に、坐骨周りには様々な神経が集まっており、「坐骨から腿までの筋肉」が短くなっている場合、あらゆる組織を圧迫して、坐骨神経痛の原因の一つになったりすることも。

非常に小さい面積の筋肉ですが、ここをきちんと伸ばしてあげることは、腰痛、坐骨神経痛などの予防・改善、再発防止などのためにはとても大切なこと。

 

また、長座になるときにこの部分を伸ばして骨盤を立てるには、腹筋の力が必要です。腹筋を使わないと、今度は骨盤が前傾気味になり、この姿勢も腰に負担がかかる

骨盤がきちんと床に対して垂直になるように腹筋を使って立てるようにしましょう。

 

 

坐骨周りの筋肉を伸ばそう!腿の後ろ側を使って、美脚を目指す。

今日の意識すべき場所は、「坐骨から太股にかけての筋肉」です。ここを伸ばすことを意識しましょう。
意識すべき場所をきちんとおさえると、、効果が違ってきます。

 

1、左脚を曲げて床に。

左脚を胡坐のように曲げて、かかとを恥骨に。

つま先は、出来れば真正面に向けておきましょう。

 

2、右脚を上半身に。

まずは右太股から右ひざを上半身にぴったりとくっつけます。脚の付け根から膝まで、アリの子一匹入れないくいらいにきゅっとくっつけます。

 

3、脚を伸ばします。

上半身は右足にぴったりとつけたまま、右足を伸ばしていきましょう。

つま先をあげて、かかとの真ん中でマットを擦るようにして、正中線と平行の軌道を描いて伸ばしていきます。
尾てい骨は後ろに向けて、尾てい骨から頭頂部まで一直線になるようにしましょう。

 

4、深い呼吸を繰り返します。

「痛気持ちいい」位のところで呼吸を繰り返します。呼吸ごとに深~く体が沈みこむようにしながら坐骨の先っぽを後へと向けてゆきます。

 

5、元に戻します。

上半身が離れないように気をつけながら、ゆっくりと元のところに戻します。

 

 

6、反対側で行いましょう。

 

椅子や床で座っているときなどに「坐骨周りの筋肉」「腹筋」「骨盤周り」に意識を向けるでけで、体はじょじょに変わってくるはずです。

生活の中に取り入れてみてください。

ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ