ステップ1☆椅子に座って。

「歩く」事は人間の動作の中で基本中のキホン。歩く動作をゆっくり、正確に行うと、脚だけでなく、全身が整い、毒だし効果も期待できます。

間違ったアライメントで長時間歩くことよりも、正しいアライメントで可動域を最大限に駆使しながら行うほうが、体にかかる負担が減り、関節痛などの予防になります。この際、「動かさないところ」を意識しましょう。

 

1、右のつま先と左のかかとを同時に上げます。

右脚

  • かかとの真ん中を床につけます。
  • つま先は天井に向けましょう。

 

左脚

  • 左の拇指球と小指球を同じくらいの圧で床を押します。

 

両脚

  • かかとの真ん中と脚の幅の真ん中を結んだ線が正中線に対して平行
  • 足首がぐらつかないようにしましょう。
  • 内くるぶしから正中線までの距離は一定になるようにします。

 

2、反対側へ。

 

ポイント

正中線上に薄-い板があり、両脚で挟んでいることをイメージして、内くるぶし、内膝、内太股、の3点が、その板からの距離を変えないように、「板」と平行に動かしましょう。

 

 

 

ステップ2☆立って行ってみましょう。

  • 机、または壁に両手を軽くつけて、体を支えながら、1、2の動きをして見ましょう。
  • このとき、机や壁に寄りかからないように気をつけます。サーカスの「セーフティーネット」と同じように、「万が一」の場合のものとして、支えがなくても「自力」でできるようにすることが大切です。
  • 正中線上にある、とイメージしている「板」を意識することで、脚のアライメントが整い、その上の「体幹」を使って安定させることができます。

 

何度か繰り返し行ってみると、脚だけでなく、体幹がしっかりと使えてきます。試してみてください。

ありがとうござました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ サイトについて(免責事項、利用上の注意、プライバシーポリシー、著作権など) <免責事項>当サイトの情報の利用に当たっては、利用者ご自身の責任で行ってくださいますようお願いします。当サイトの情報は各記事を作成した時点で正確なものとなるよう努めていますが、内容の完全性、正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用した結果について一切の責任を負いませんので、ご理解の上当サイトの閲覧をお願いいたします。