気にしているけど、ふと気がつくと「ポコッとお腹がでてる」ということはありませんか?
ヨガをしてても、ピラティスをしていても、他の動作に集中しているあまり、腹筋をうまく使えずに、「ポコッと」お腹が出てしまうことはよくあります。
この解消のポイントを今日はお伝えします。

 

ぽっこりお腹をすっきりさせるポイント ~立ち方編~

 

1、基本ポジションで立ちます。

足の親指の付け根をつけて、かかとは少し離して立ちましょう。

 

2、大転子を意識しましょう。

左右の大転子(太股の付け根の外側にある一番出っ張っているぐりぐりした骨)に一本のボルトがあることをイメージしてみましょう。
このボルトが左右に傾いたり、どちらかの高さが高くなっていないように、床に対して平行、且つ、前の壁に対して平行になるようにします。

 

3、ウエストを意識します。

左右のウエストの横側の一番窪んでいるところ同士に一本のボルトが通っていることをイメージします。
このボルトも、床に対して平行、且つ前の壁に対して平行になるようにしましょう。

 

4、ウエストのボルトを引き上げよう。

まず、3のウエストのボルトを上に上に引っ張って、頭の位置が高く高くなるように、縦に伸ばします。
このボルトは、できればかかとの真上に来るようにすることが理想です。

 

5、大転子のボルトを下へ引っ張る。

ウエストのボルトは高い位置のままキープして、且つ大転子のボルトを下に下に引っ張ります。
お腹が引き伸ばされていくのを感じることでしょう。
このとき、ウエストのボルトも、大転子ボルトも、かかとの真上に来るようにしないと、腰が反ったり、無理な負荷がかかる場所が出てきてしまいます。

 

できるだけかかとの真上になるように調節しましょう。
更に、お尻の筋肉がきゅーーっと引き締まって、太股の前側の筋肉、そして背骨から太股にかけてついている腸腰筋
が伸ばされて、ご自分の体が薄く薄く伸びていくのが感じられるはずです。
この姿勢を維持するだけでも、かなりのトレーニングになります。

慣れてきたら、この二つのボルトを意識しながら、ヨガのポーズやピラティスのワークアウトに挑戦してみてくださいね。
お腹だけでなく、他の筋肉の力を総動員してお腹を締めることで、内臓があるべき位置におさまり、内蔵機能の向上も望めます。

皆様の更なる美と健康のために。
ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ