前回は、「美しく座るためのポイント」お伝えしました。今回は、その第2段階に入ります。骨盤をしっかりと立てて座った後に、更に「脚」を働かせていくことで、より背中が伸び、体感の筋肉たちがいい感じで仕事をしてくれるようになります。

「背中を伸ばす」ためには「骨盤」そして「脚」を働かせてこそいい位置に来る。適切に使えば使うほど、筋肉は強く、しなやかに応えてくれます。

 

「脚」を使って美しく座ろう! 「座る」姿勢が全身のトレーニングになる。

まず、前回の通りに座ってみましょう。そこからスタートです。

1、お尻をあげる。大腿骨を意識。

  • もう一度お尻をあげましょう。今度は、大腿骨(太股の骨)を意識します。
  • 大腿骨の内側が上に、外側が下になるように回転させましょう。
  • 目安は、大腿骨の前の面が「真っ直ぐ前」に向くようにしましょう。

お尻をあげると、構造上大腿骨が内側に回転する傾向にあります。これが実は内臓下垂の原因。「太股で締める」動作をしないと、据わっているだけで内臓が下がってしまうのです。

 

2、坐骨を座面に。

  • 1、のまま坐骨を座面に下ろしましょう。
  • 大腿骨の前側は天井に向くようにする。
  • 大腿骨の外側は上に、内側は下に。
  • 太股の筋肉を働かせることで、下がりがちな内臓を締める。
  • 膝のお皿を真正面に向けます。

 

3、3つのマグネットを意識。

太股の骨の向きはそのまま、回転させないようにしながら、次の三つのマグネットを引き寄せます。

  1. 内くるぶし
  2. 内膝
  3. 内太股

ここで太股を回転させてしまうと、内臓が「どお~ん」と落ちてしまいがち。太股の骨の前側は頑張って天井に向け続けておきましょう。きちんとできると、かなり太股の筋肉を使うことが分かるはず。これだけで、「脚ヤセ」が出来そうな感じです。

 

4、骨盤を絶て、背筋を伸ばす。

こちらは、前回をご参照ください。

食べてるときもトレーニング?★美しい姿勢で食べると、ダイエットに効果的!?その② 

 

食べているときこそ「意識」を向けることで、食べる量を制限することができることでしょう。「意識を目覚めさせるとすべてが目覚める」。感じてみてください。

ありがとうございました。