通常のレッスンでは「正確性」を最優先事項として行っています。

私自身、何年も、ただ「気持ちいい」だけで行っていたことがあり、そのために「骨盤の回旋」や「背骨の湾曲」「片足重心」など、様々な症状が強く表れてしまいました。

「動く瞑想状態」として、「マインド」重視で体に向き合っていなかったことで、左右の不均衡が強くなってしまった。

その教訓から、「正確性」は外せないポイント。

 

この「正確性」を重視したレッスンを日々行い、ある程度その動きになれた方を対象に、マンツーマンや少人数のとき、ご希望にあわせて「フロー」を行っています。
*フロー:流れるように、一連の動きを続けて行うスタイル。

 

今日は、かなりキホンの動きになれた方のマンツーマンレッスンだったため、フロースタイルで行いました。初めてフロースタイルを体験されたご感想をご紹介します。

・きつーい!! ピラティスよりもきつかったです。
・意識を向けなければいけないところが、すっぽりと抜けてしまいます!
・太陽礼拝を少しやっただけで、汗が吹き出てきました。
・太陽礼拝、きつすぎて出来ない!
・これを毎日やると、基礎代謝とか上がると思う。冷え性とか、足裏とかは違うかも。
体の芯からしっかりしてきたちゃんとしたアライメントで出来ないと意味がない。くねっくねっとなってしまうなら、やらないほうがいいと思った。痛めちゃうから
・初めて半月のポーズをやってみて、倒れるかと思いましたが、持ちこたえられました。日ごろ、「芯をしっかりさせる」メニューを行っているからだと思います。
・普段のレッスンでは、キホンをピシッとやって、カラダに覚えこませてから、マンツーマンでフローで行うと、いい感じだと思いました。
・すっごく伸びるから、きついけど、気持ちいいですね。
・普段の、「しっかりポイントをおさえてポーズをとる」ということが、まだまだ出来ていないので、もっと修行が必要だと思いました。
・座ったポーズは、もう「ムリ!」の一言でした。
・とにかく、すっごくきつかったです。

 

いつも、ポイントを抑えてピッシリと行っていることが出来ないと、この「フロー」は出来ません。

また、フローなので、一つ一つのポーズはすごく短いので、いつもよりもたくさんのポーズが出来ます。たくさんのポーズができますが、基礎ができていないと出来ない。

これをいつものレッスンの通りにポイントを丁寧におさえて行うことは難しいことです。

 

また一歩、体が進化した感覚を味わえたのではないでしょうか。
一年後、三年後、もっと体は変わってくるはず。
年齢に負けない、健やかな心と体を養っていきましょう。

ありがとうございました。