10代の頃や、出産前の頃ならあまり気にならなかった体の不調。「膝痛」「腰痛」「股関節痛」など、出産や加齢、生活習慣、不良姿勢の持続などにより、だんだん顕著になったりすることも。

痛みの原因は「日常生活でのちょっとしたクセ」だったり、「妊娠・出産に伴う体型の変化」や「気づかないうちの不良姿勢」、あるいは「事故やけが」などのこともあります。

 

「事故」などの不可抗力が原因のものでなく、「自分で引き起こしたもの」である場合は、痛みを改善させることが可能です。
その際、一番のポイントは、「意識」。ここからすべては始まるといっても過言ではないでしょう。

「意識を向ければ90%成功」とも言われています。
「ずっと意識を向けること」が最大のポイント。

 

ではどう意識を向けるのか。
まずは自分を把握することが必要です。

その際、「骨盤の回旋」が大きな目安となってくれることがあります。(骨盤の回旋があまり見られない方もいらっしゃいます。)仮に、「真っ直ぐ」立ったとき、「自分は真っ直ぐ立っている」と思っていても、実は右の骨盤が前に出た姿勢だったとします。

このとき、おへそは左を向いている。なので、この場合、「骨盤の左回旋」となります。

骨盤が左回旋していた場合、右の膝、足首、股関節、そして腰に痛みを感じやすい姿勢、と一般的には言われています。

しかし。

ここでもう一つの情報があったとします。

それが、「弛緩姿勢」。

「スウェイ・バック」と呼ばれ、骨盤が上半身よりも前に来ている姿勢です。この場合、体幹は左側に側屈しているため、左の腰の後ろ側に負担がかかってきます。

 

更に、椎骨は「側屈」する際、「回旋を伴いやすい」と言う性質があります。そのため、「右肩が前、左肩が後ろ」の姿勢になりやすい。

つまり、「腰の重心は右」、「肋骨上部の重心は左」の姿勢となり、その不均衡を正すため、首は右側に「側屈・回旋」しやすい状態となるのです。

首が右に傾いたことにより、右側の肩・首が非常にコリやすい

 

単に骨盤が回旋するだけで、様々な症状を引き起こしやすい状態になってしまうのです。

ではどのように調整すればいいのか?

 

まずは現状の把握が必要です。

この「現状の把握」。「自分で把握するのは難しいのでは?」と思われるかもしれませんが、簡単に分かる方法があります。

それが「立ち方修正エクササイズ」。

 

壁にぴったりとくっついて行うことで、自分の体が今どうなっているのか、が分かってきます。
詳しい行い方は次回に。

 

☆今日のポイント

  • 「事故」などの外的な原因でない限り、「自力」で痛みを柔らげることは可能である。
  • 痛み改善のためには、姿勢を整えることが重要。
  • 姿勢を整えるために最も大切なことは、「意識」である。
  • 姿勢を整えるためには、現状の把握が必要。
  • 骨盤の回旋はあらゆる症状を引き起こす

 

次回は、把握するためのポイント、そして修正エクササイズについて、お伝えします。
お読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ サイトについて(免責事項、利用上の注意、プライバシーポリシー、著作権など) <免責事項>当サイトの情報の利用に当たっては、利用者ご自身の責任で行ってくださいますようお願いします。当サイトの情報は各記事を作成した時点で正確なものとなるよう努めていますが、内容の完全性、正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用した結果について一切の責任を負いませんので、ご理解の上当サイトの閲覧をお願いいたします。