内臓が下垂することによって引き起こされるさまざまな不調。年齢だから、とあきらめてはいませんか?

日ごろ、何の気なしに暮らしていると、重力や筋力低下などによってどんどん内臓が下がってきてしまいます。
そのため、骨盤周りに不調が表れてきてしまい勝ち。

内臓が下がってきたときに、骨盤を締めるのは有効ですが、実はもっと下から締める必要があります。

「老化は脚から」といわれているように、「脚を鍛える」ことで下がり気味の内臓をあるべき位置に戻し、不調を改善させることが期待できるのです。

脚から中心線に向かって締めることで、骨盤だけを締めるよりもさらに内臓が上に上がってくることが実感できるでしょう。

 

内臓を上げる効果的な脚の鍛え方 ~立ち方編~

1.まずは、正しく立ってみましょう。

足の親指の付け根をつけて、かかとは指1~2本分くらいあけておきます。
かかとの真ん中から足首の真ん中を結んだ線の延長が、左右ともに平行になるようにします。

 

2.太腿を意識しましょう。

内太股の真ん中の一点を意識して、左の内太股の真ん中と右の内太股の真ん中を向かい合わせになるようにします。
できれば、この線は床に対して平行に、かつ前の壁に対して平行になるようにしましょう。
これだけで、かなり太股の筋肉を使って、内臓が一気に上昇していくのを感じてみてください。

 

3.丹田を意識する。

内太股の筋肉だけを使おうとすると、お腹の筋肉を使わずに腰が反ってしまいます。
この原因は、腹筋を効率よく使えていないため。

腰を反ってしまうと、そこに負担がかかって腰痛の原因になりかねないため、腰の位置を正しく保つことが必要です。
ポイントは丹田。

丹田のおなか側の一点と背中側の一点を結んだ線が床に対して平行、且つ左右のかかとの真ん中同士を結んだ線の真上に十字にクロスされるようにもっていきます。

更に、この線が自分史上最短の距離になるようにきゅーっとお腹をひっこませます。
腹筋を働かせたことで、腰の負担が減り、更に内臓が上に上がっていった感覚を感じてみてください。

 

初めて行った方は、最初は、分かりにくいかも知れません。
逆に、最初から効果を感じる方もいらっしゃるかも知れません。
感じ方は、お一人お一人違うので、まずは試してみてください。

脚を鍛えれば内臓があるべき位置におさまり、内蔵機能の向上も期待できます。

「老化は脚から」
裏を返せば「アンチエイジングは脚から

立ち方を意識するだけで効果的に鍛えることができます。
日常の中で気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか?

辛い症状の改善を、心よりお祈りいたします。
ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ