そうだ、心と体のリセットしよう
ヨガと子育て、ジブンそだて!

美健道!

視力低下やドライアイを予防! たった8秒、目を守る習慣をつけよう!

実はわたくし、「超」のつくド近眼。裸眼視力は0.03ほど。もろもろの事情でレーシックができないため、オルソケラトロジーのレンズを付けております。(夜コン=夜つけて眠り、朝起きて外す夜型コンタクトレンズ)。朝、外した直後の …

 寒い時期こそダイエットに最適! 暖房をつける前に体のエネルギーを消費して全身を引き締めよう!

11月も下旬を過ぎ、風もだんだん冷たさを増してきました。11月中旬誕生日の私は、毎年「お誕生日プレゼント」としてストーブを出すことにしています。このとき、「ぎりぎりまでスイッチをつけるか、つけないか」で体の引き締め感が変 …

片脚立ちのポーズを安定させるポイントとは? しっかり行うと関節に負担のかからない歩き方の訓練にもなる!

先日、某オッサレ~な高級デパートの地下にある雑貨屋さんを覗いたときのこと。久っしぶりに行き、「あ、ヨガウェアも売ってるんだ。」と思ったと同時に思わず目が点に。視線の先にあるのは一体の白いマネキン。ヨガウェアを着せられたス …

腰痛は体からのサイン! 腰が痛いときこそ体幹を鍛えて腰を守ろう!

  腰が痛いとき、ただ「あいたたっ!」と痛みに負けてしまうことはありませんか?痛みは「体からのサイン」。弱い部分を教えてくれているのです。また、「負担のかかりがちな部位」を教えてくれている。 こうした部位は、そ …

ワークアウト中、足がつるときはここを意識しよう!

ワークアウトを行っていて、ふとした拍子に足がつりそうになることはありませんか?足でなくても、お腹やふくらはぎなど、つりやすい部位は人によって様々。 流派によって様々ですが、特にピラティスのある流派では、「つるほど使え。」 …

腰痛を予防・改善するために普段から意識すべき部位とは?

ヨガをしていると、思わず自分のできる範囲を超えて行ってしまうことがあります。特にダメージを受けやすいのが腰。アッパードッグや弓、ブリッジや魚そしてラクダといった後屈系のポーズ。 腹筋と背筋、そしてお尻の筋肉を最大限に駆使 …

緩んだ骨盤は「締めて調整」! 関節に安定を。筋肉に可動性を。~その②骨盤を調整してお腹・お尻・太股の気になるお肉を一気に引き締める!~

前回は「正しい骨盤の位置に整える」ポイントをお伝えしました。「ゆるゆる」の骨盤の方にとっては、まずは骨盤の位置をピシッと整えることが最優先事項。ピシッと決めてから、なるべくその「正しい位置」を崩さないようにしながらあらゆ …

緩んだ骨盤は「締めて調整」! 関節に安定を。筋肉に可動性を。

「骨盤調整○○」。ヨガやストレッチなど、様々なワークアウトがあります。色々試してみましたが、どれも私にはイマイチ。もともと関節が柔らかく、その上4人の出産で骨盤はゆるっゆるの状態。 骨盤が緩みまくっており、骨盤底筋も伸び …

二の腕タプタプをすっきりさせよう! 注目すべき部位はココ!!

「バイバイ」すると二の腕がタプタプと揺れて「振りそで」のようになってしまうことはありませんか?「来年のことを話すと鬼が笑う」というけれど、長袖で隠せる今のうちにできれば何とかしたいもの。今日は、「二の腕タプタプ」をすっき …

痩せたいときはコレ! これからの時期を制するものは次の夏を制す!!

11月も中旬を過ぎ、少しずつ冬の足音が聞こえてくるようになりました。何枚も重ね着する季節だからといって、「冬篭りのクマ」状態になりがちなこんな時期。実は一番「ヤセるのに適した時期」ともいえます。 幼稚園や小中高校でも行わ …

« 1 2 3 8 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。