そうだ、心と体のリセットしよう
ヨガと子育て、ジブンそだて!

育児のツボ

男の子のママって寿命が短いってホント!?

  先日のレッスンの後で、生徒さんからこんなことをうかがいました。「男の子のママは女の子のママに比べて寿命が短い」。これを聞いたとき、思わず納得してしまいました。 「そりゃそうだよなー。」びっくり、というよりも …

トンビはタカを産む

*申し訳ありません。手前味噌に思えたら、それは私の文章力のなさゆえです。思春期の荒れ狂った精神に向き合うためのメントレとして読んでいただけましたら幸いです。 どんな子も「タカ」だな、と最近思います。もともと思ってはいたの …

「デザインあ展」に行ってみて。 この日一番食いついた意外なものとは?

実家に帰省してまいりました。 3泊4日の命の洗濯。 末息子などはまだ夏休みになるずっと前から「いつ行くの?」と興奮状態。 限られた日数を最大限有効活用するため、あらかじめ計画を練っておきます。 今回の中日(なかび)は「デ …

 実践してみて分かった! 紙おむつ育児と布オムツ育児!! その驚きの効果の違いとは?

世界で最初の紙おむつは、1940年代の半ばにスウェーデンで誕生しました。当時、ドイツによる経済封鎖を受けていたスウェーデンでは、綿が不足し、赤ちゃんの布おむつが間に合わない状況に陥っていました。そんな中で、貴重な綿布では …

幼いうちからマスターしたい! お子さんを美しい姿勢に導く三つのポイント ~その② 具体的なアプローチの仕方~

前回は、お子さんに美しい姿勢を導くまでの前段階についてお伝えしました。 今日は、その具体的な実践方法についてご案内します。 お子さんの姿勢を正す4つの着眼点   1、骨盤を正しましょう。 まず、机に向かって左右 …

幼いうちからマスターしたい! お子さんを美しい姿勢に導く三つのポイント

人間の個体差は千差万別。何もしなくても幼いときから美しい姿勢の方もいれば、注意してもすぐに姿勢が崩れてしまうお子さんもいらっしゃいます。 これはその方がもって生まれた個体差なので、仕方のないことです。 美しい姿勢には、そ …

小さなお子さんに「気分良く」片付けてもらうためのちょっとしたテクニック

楽しくお片づけ のツボ おもちゃなどで遊んだあと、自ら進んでお片づけしてもらうのは、 子どもの「やる気」をどう引き出すか、にかかっているといっても過言ではないのではないでしょうか。 ただ単に「お片づけしようね」と言っただ …

子どもの「いらない」にどう対処するか

お子さんによっては、読み飽きてしまった本や小さくなったズボンなど、 「これもういらなーい!」 などと言うことがあるかも知れません。 この「いらなーい!」 私はこの言葉を聞くと、とても残念に思われます。 「この本は、今まで …

人生は判断の連続 そのときにどんな自分を出すか選択するだけ

どんな時でも本来のその子はいい子である。 こう言うと、盲目的に子どもを愛しているバカ親な感じがありますが、 実はこの言葉には、深い意味合いがあります。 幼い子どもがいけないことをするとき、それはバカな自分に負けてしまって …

「 パパのための子連れヨガ」クラスにこめた願い

弟・妹が生まれたときにこそ必要なお兄ちゃん、お姉ちゃんのケア 土曜日、メンズクラスの後にある「パパのための子連れヨガ」 実はこのクラスを開講するに当たって、私の密かな願いが込められています。 それは 「お兄ちゃん、お姉ち …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。