ヨガでの三角のポーズ、
ピラティスでのサイド・ベント。

など、体幹が床に対して垂直ではないポーズの時、首の位置がわからない、首が痛くなってしまう、などといったことはありませんか?
体幹が重力に垂直に対抗していないとき、人間の本能としてどうしても頭を床に対して垂直になるようにしてしまうことはよくあることです。

この場合、からだは斜めなのに、頭を床に対して垂直、もしくは反対側に倒すことは、首にとって多大な負荷をかけることに。
さらに、肩と首のキワから肩先までの距離が、重力や筋力などの関係で左右不均等になることもしばしば見受けられることです。

特に、からだの柔らかい人にとっては、首の位置が定まりにくかったり、どこが正しい位置なのかわかりにくいこともあります。
できれば、自分の「感覚」で直せるようになりたいもの。

!首カックンを防ぐためのチェックポイント

ピラティスで行う肘をついたサイドベントにおける、「首カックン」防止のためのチェックポイントをご案内します。

1、ボルトを意識する。

1-1、骨盤のボルト

まずは始点となる骨盤の位置から調整していきましょう。
左右の骨盤の真横にある一番高い位置を結んだ線が床に対して垂直になるようにします。

1-2、脇の下のボルト

左右の脇の下の真ん中にボルトが一本通っていることをイメージてみます。このボルトを上にあげるようにしてみましょう骨盤のボルトから遠く長く離していきます。

1-3、首と肩の際のボルト

左右の首と肩のキワキワにボルトが一本通っていることをイメージして、このボルトは骨盤のほうへ思いっきり引っ張り下げます。その力を使ったまま、吐く息ごとに肩のトップが背中のほうに流れていくようにしましょう。

1-4、耳のボルト

左右の耳の穴同士にボルトが一本通っていることをイメージして、このボルトは骨盤から遠く離れるように引っ張り上げます。

 

骨盤から耳のボルトまで、「くの字」になっている事が分けりますでしょうか?骨盤に対して、体側が側屈している状態です。このため、体幹と頭をつなぐ「首」の位置を定めることが難しくなっているのです。

ポイントは

「骨盤から耳のボルトを遠く遠くに引っ新しい張り上げる」こと。

骨盤から脇の下、首と肩の際から耳までの距離が、左右均等にすることに意識を集中させましょう。「首カックン」とならないためには、「体側」と「首の横」の長さを左右同じにすることが大切です。

さらに、後頭骨を後ろに押し出して、頭部前方位を防ぎます。新しい頭の真ん中よりも下の部分を後ろに押し出すようにしましょう。この時、間違ってはいけないのは、「頭の真ん中よりも上」を後ろにしてしまうこと。

「頭の上」を後ろにしてしまうと、首の骨に負担がかかったままワークアウトをしてしまうため、首に余計な力が入り、痛めてしまう恐れがあります。

「頭の真ん中よりも下」の部分を後ろに持っていくためには、首の前側の筋肉、そして腹筋をものすごく使う必要があります。全身で頭を後ろに持っていく意識が大切です。

 

横向きのワークアウトでも首を痛めないためには、体幹の力が必要。土台を鍛えていきましょう。

あなたの日常が、さらに輝いたものとなりますように。

お読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ