「ねじる」動きは腸の働きを促してくれます。
腸の働きが良くなると、腸と肌は繋がっているので、肌が綺麗になってくる。

また、腸内環境が整い消化も促進されて、腸内に溜まった毒素を外に出しやすくしてくれる効果も。

今回は、膝をついて行った状態から、膝を浮かせていきます。
膝をついている状態でしっかりと骨盤を安定させ、そこからゆっくりと膝を持ち上げていきます。

伸ばした足のかかとから上になっているほうの腕の指先までを一直線になるように、お互いに引っ張りあいっこします。

ここでも大切なのが、やはり「骨盤」。
仙骨が天井に対して平行になるように頑張りましょう。

体の柔らかい方にとって、この不安定な状態で骨盤を安定させることだけでも、かなりタイヘンなことです。

その上、上半身をねじる動作を入れることは、相当な体幹の力を必要とします。

はじめから思うように行うことは難しいポーズですがまずは体を慣れさせて、自分のできる範囲を模索していきましょう。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ