一般的に、エクササイズを行うときなどは、「肩を下げる」ことが言われています。
が。

「肩を下げすぎてしまうと「お顔の皮膚」も同時に引っ張られて、

「老け顔を作る」

ことをご存知ですか?

詳しくは、

をご覧ください。

エクササイズを行う前は、必ず姿勢を整えます。
肩と首の際を床に下ろしましょう。
お腹を引き締めます。

肩こり、首コリ改善のためのエクササイズのポイントは、肩や首に負担をかけないようにしながらエクササイズを行うことが大切です。

後ろで合わせた手は、手首までが離れないように気を付けましょう。
腰をそらないようにします。

指を組み替えて、反対側も行ってみましょう。
やりにくいほうの時間をかけて行うことで、左右差の改善につながります。

同時に脚も整えていきましょう。
肩こり、首コリは、「首・肩」だけにアプローチするのではなく、その土台となる「脚」からアプローチすることで、全身を整えながら
「ほかの部位の力を借りながら」肩・首のふたんを減らすことができます。

全身を整えたら、胸から天井を見上げるようにしましょう。

この時、頸だけで上を見ないように、胸で天井を見るようにします。
頸や腰には肋骨がないため、そりやすく、丸めやすい構造になっていますが、そらせすぎてしまうと、痛みや故障の原因となってしまいます。
頸や腰ではなく、胸をそらせるように気を付けましょう。