人生で2度だけ、、外つ国へ訪れたことがあります。アメリカに1度、ヨーロッパに1度。イマドキにしては「少なっ!」な感じかとは思いますが、6人家族の我が家では唯一のパスポート所持者。

「みんな、独り立ちしたら自力で行ってね☆」と言うのが我が家のスタンス。バネにしてほしいところです。

 

私が実際に足を運んだことのあるアメリカも、ヨーロッパも、「先進国」であるにもかかわらず、「日本を基準」にしか生きてこなかった私にとっては、かなり不便に感じたり。

「日本ってすごいんだなー。」と、改めて実感しました。

その最たるものが「水」。何より、「飲める水」が蛇口から出てくるって、スゴイなと感心せずにいられません。(「そこかいっ!!」と言うご指摘は甘んじて受けます。)

塩素があるとはいえ、「飲めるレベルの水」で食器が洗える。顔を洗える。歯を磨ける。そして湯船に浸かれる。洗濯もできる。これ、ヨーロッパで売っているペットボトルの水を使ってやったら、相当お金かかるよねー。などと、幸せをかみ締めております。

 

この「水」。今、外国資本に水源がどんどん買い占められているとか(ニュース ポスト セブン)。水源だけでなく、自衛隊駐屯地周辺の土地が買い占められたり(ビジネスジャーナル)、とか。

日本、いつまで平和ボケしてるの?と、突っ込みたい。「世界」に焦点をおいて「日本」を眺めたとき、日本のあらゆる問題点が浮き彫りになっていきます。

 

自己肯定感」もその一つ。

これ、もちろん家庭からの働きかけも大切だけれど、家庭だけで何とかできるものではない、と私は考えます。決して「責任放棄」ではないのですが、詳しく書くと、また長くなってしまうので、また別の機会に。

 

日本の危機は、「それと気づいていない」内にどんどんと進行してしまっている、ことにあるのではないでしょうか。「100年先も豊かな日本」であるために。

ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ サイトについて(免責事項、利用上の注意、プライバシーポリシー、著作権など) <免責事項>当サイトの情報の利用に当たっては、利用者ご自身の責任で行ってくださいますようお願いします。当サイトの情報は各記事を作成した時点で正確なものとなるよう努めていますが、内容の完全性、正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用した結果について一切の責任を負いませんので、ご理解の上当サイトの閲覧をお願いいたします。