単なるきつい運動だけで終わらないピラティス

今日のポイントは腹斜筋です。きちんと筋肉に意識を集中させて、
体中鍛えていきましょう。


やりかた 

①まず、立った状態で片手でバーか壁につかまる。

(決して寄りかかってはいけません。)
この時、自分の正中線を意識します。

まず、足の親指の付け根をつけて、
かかとは指1本~2本分くらいあけておきます。
足首の真ん中、膝、骨盤、おへそ、胸骨、あご、鼻がまっすぐ正面になるように微調整。

恥骨はかかととかかとの真ん中を結んだ線の真上に来るようにします。
その正中線に対して垂直になるように、
左右の骨盤、肩の高さをそろえます。

 

②壁やバーを持っている同じ側の脚をテーブルトップにしてキープ

テーブルトップは、腿と床が水平、すねと床が垂直になるように
膝を曲げて足を上げるポジションです。

腿の上に牛乳の入ったコップが載っていると思って、
牛乳をこぼさないように全身固定。

この時、左右の大転子(太股の付け根の外側にあるぐりぐりした骨)を結んだ線が、床に対して水平になるようにしましょう。骨盤の高さをできるだけ揃えるようにします。

 

③反対側の手で上げている内膝を押す。

この時も正中線を崩さないようにしましょう。

上半身だけ見ると、
立ったときと何も変わっていないような姿勢にすることが大切です。

 

④骨盤・坐骨・胸・肩の高さを変えないようにする。

 

⑤両側の肋骨の長さを均等に維持。

 


正しくやってみると、結構きついはずです。
毎日続けることによって、更に美しいbodyを手に入れましょう。

ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ サイトについて(免責事項、利用上の注意、プライバシーポリシー、著作権など) <免責事項>当サイトの情報の利用に当たっては、利用者ご自身の責任で行ってくださいますようお願いします。当サイトの情報は各記事を作成した時点で正確なものとなるよう努めていますが、内容の完全性、正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用した結果について一切の責任を負いませんので、ご理解の上当サイトの閲覧をお願いいたします。