中学受験。それは親と子、二人三脚の戦い。
親子ともにタッグを組んで、「合格」という目標にひたすら向かう、長く厳しい道のり。

そこには、ある種の同族意識が生まれるかもしれません。
ある意味、この状態は、非常に苦しいけれど、充実した、やりがいのある時期ともいえます。

 

本当に苦しいのは、実は入学後かも知れません。
今日は、入学後の実態について、お伝え致します。

 

中学受験のデメリット その2 中だるみしやすい

 

熾烈な競争に勝ち残った安心感からか、入学後、一気に、もしくは徐々に勉強しなくなってゆく傾向にあるようです。

「合格後からが本当の勝負の始まり」とはよく言ったもので、ご多分にもれず、我が家でも軽いランニング程度の勉強は毎日行っておりました。
また、合格後、入学までの課題を、学校によっては渡されたりもするので、それもあわせたこなしていました。

やはり、最初が肝心なため、このあたりは、どのご家庭でもされていることでしょう。
はっきりいって、それまでの受験勉強に比べたら、ほんの腹ごしらえ程度。
なんなくそれらはこなせてしまうもの。

入学後も、リハビリ感覚で、結構勉強を淡々とこなしていけるものでした。

が。
思春期到来。

全く親の言葉は届かなくなってしまいます。
各ご家庭、程度の差こそあれ、保護者会の折では、皆さん一様にそのようなご様子。

「勉強しなくなるとは聞いていたけど、ここまでとは。」といった現状をただ受け入れるしかありません。
勉強の「べ」の字でも言おうものなら、火に油どころか、ガソリンをぶちまけるような始末。

三者面談で担任の先生に現実を突きつけてもらっても、喉もと過ぎれば何とやら。
反面、プライドだけは高く、「自分はできる」と、根拠のない自信。

今までの、息も絶え絶えなほどの争いに「生き残った」という自信からか、また、今までの貯金からか、そこそこできてしまうのは中一まで。
中二で中学生の全過程を終えるようなカリキュラムの学校では、早急に貯金も尽きてしまいます。

それでも、ちょこっと勉強すれば、一気に成績が上がってしまう。
まわりもきっと、同じ状況なのでしょう。

本当にもう、何のために中学受験したのか、分かりません。

中三や高一になると、これに、「現状維持」や「あきらめ」の意識も加わって、余計にぬくぬくとしてしまいます。
これは、今まで「内的要因」で勉強してきたのではなく、「外的要因」で行ってきた方に強く出る傾向のようです。

ちなみに、せっかく特待生で入学してきても、六年間ずっと特待生でいるお子さんは非常に珍しく、毎年その顔ぶれは変わるそうです。
それほど、モチベーションを維持することは難しい。

更に。
私立中高一貫の中には、高校からも受け入れる「高入生」がいる学校もあります。
その際、一貫生の中三の同じ時期に、高校入試と全く同じ問題を解くのですが、平均点は高入生の圧勝ということです。

これは、以前高入生を受け入れていた、某御三家の一つもそれが当たり前だったということで、「それはもう、しょうがない。」そうです。(OB談)

書いているだけで、もう現実の暗さに言葉もないほどです。

意欲のあるお子さんにとっては、願ってもない環境。
毎週や毎日の小テスト。きめ細やかな指導。将来に向けたカリキュラム。補習や夏期講習など。親からみたら、魅力的な仕様が標準装備。

ちなみに、補習や講習などは、本人の申請制。
一部のやる気のあるお子さんは、放っておいても伸びる仕掛けがわんさか。

現実は厳しいものです。

逆に言うと、「甘えている」。
この恵まれた環境に、本人が一番気づいていないのでしょう。

せっかく私立中学に入っても、あまりな態度に何度退学させようか、と思われた方も少なくないのではないのでしょうか。
本当の戦いは、入学後に始まったのだと、改めて気づかされました。

それでも。
見守るしかないのでしょう。
あきらめるしかないのでしょう。

明らかにながむる。
無の境地で。

大人になるプロセスを見守る、すべての方に、平穏でありますように。
ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ