「最近はあいさつもまともにできない子が多い。」なんて耳にすることもありますが、私の住んでいる地域は「あいさつ運動」なんてものもあり、結構みんなあいさつしてくれます。毎朝小1の息子をお見送りするときに会う小学生のお兄さんも、実にさわやかにあいさつしてくれて、それだけで1日が爽快になったり。

上の子どもたちがまだ小学生のころ、(今から10年以上も前のことですが)初めての旗持ちでドキドキしながらも行きかう小学生たちに「おはよう、いってらっしゃい。」と声をかけると、恥ずかしがりつつも返してくれる子、スパッとあいさつしてくれる子。
あいさつ一つでもそれぞれの個性が出て面白い。

小学生の後は中学生が通るのですが、彼らのあいさつは実に爽快です。私が声をかける前にサクッと当たり前のようにあいさつしてくれる子もいたり。最初はびっくりしてしまいました。「みんな、この小学校の卒業生だからね~。」先輩ママさんの言葉に納得です。

 

先日、私のブログの最後にいつも入れている「ありがとうございました。」はやめたほうが良い」というご指摘をいただきました。私にとってそれは単なる「あいさつ」でしかなく、ヨガのレッスンの後の「ありがとうございました」と同じもの。茶道で言う「最後の一礼」と全く同じ感覚のものでした。そのご指摘の後、しばらく「ありがとうございました」をブログから消したのですが、なんだかしっくり来ない。違和感ありまくりなのです。

食べた後、「ご馳走様でした」を言わないような。帰宅の際、「ただいま~」を言わないような。確かに、「ありがとうございました」なんて最後に書くブロガーさんは少数かもしれません。ですが、どうも最後の「シメ」がなくて、私には落ち着かないのです。

そこで、単なる自己満足でしかありませんが、ここに、

ブログの最後はやっぱ「ありがとうございました」でしょ!

宣言をさせていただきたいと存じます。抵抗のある方はどうぞスルーでお願いします。

はいっ!それでは皆さん、胸を張ってご一緒に!!
ありがとうございましたっ!!!

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ