最近のヨガミュージックは、聞いているだけで癒される、素晴らしい作品が数多く出回っています。
効果的にレッスンなどにに取り入れて、最高のパフォーマンスをあげていらっしゃる先生方も。

今日はレッスンにおいて、セルフプラクティス(自主練)において、音楽をかけるときのメリットとデメリットについてお伝えします。

 

音楽をかけるメリット・デメリット

1、セルフプラクティスでのメリット

 1-1、癒し効果がある

まず「癒し効果」が挙げられるでしょう。多くの方は、この効果を求めてセルフプラクティスに音楽を取り入れているかと思います。ご自分の行っているヨガやピラティスにマッチしたものなら、その効果は倍増かもしれません。

 1-2、時間が分かる。

    その日のコンディションが分かる。

毎回同じ音楽をかけている場合、「あ、いつもより時間がかかってるかも。」「いつもよりさくさくすすめてるかな。」など、その日の呼吸の長さや集中の度合い、体のコンディションなどによって、微妙に一つのポーズにかかる時間が変わることが分かるかも知れません。

いつもと同じようにポージングしていても、その時々で微妙に体は変化します。
天気などにも左右される場合もあり、その日のコンディションに気づく上では、有効な手段とも言えるでしょう。

 

2、セルフプラクティスでのデメリット

 2-1集中できないことがある。

音楽の素晴らしい効果を取り入れたい、とは思ってはいるのですが、私は音楽をかけていません。もともと音楽なしで行っていたのですが、レッスンの質を上げるため、あらゆる音楽をかけて、まずはセルフプラクティスに、と試してみました。

が、私にはハードルが高かったのでしょうか。
「山場になるまでにこのポーズを終わりにしないと」「リラックスのポーズにはこの曲はやっぱり何か合わない気がする。」「自分のイメージと違うかも。」など、雑念がふつふつとわいて集中できません。

動きやアライメント、内なる自分に向き合うための集中力が維持できないのです。それからはセルフプラクティスで音楽をかけることはすっぱりとやめました。

何か吹っ切れたようで、それからはそれまでよりも、より深く内面や体の隅々にまで意識が向けられるようになった気がします。人によっては、「音楽に集中」することが大切な方もいらっしゃるかと思います。ご自分に合ったスタイルを見つけてみてください。

 

 

3、レッスンでのメリット

 3-1効果を最大限に引き出すことが可能である。

動きとマッチすれば、より深いリラクゼーション効果が得られることでしょう。頭を空っぽにして、音楽に合わせてインストラクターや指導者のキューイングやイントロダクションのまま動くだけで、深い瞑想状態に入ることができる場合があります。

更に、きついポーズであっても、気分を高揚させる音楽がかかっているだけで、難なく動けてしまうことも。同じクラスの皆さんと味わう一体感も、高揚感を高めてくれることもあります。ダンスや新体操など、もともと日ごろから音楽と動きを連動させている先生方は、この部分を非常に得意としている方が多いようです。

効果的に音楽を取り入れることは、その場の一体感を高め、更なる高揚感やリラクゼーションを深めてくれるかもしれません。

 

4、レッスンでのデメリット。

 4-1時間にとらわれる。 

   あらゆることに対処できないことがある。

音楽を効果的にレッスンに用いるためには、指導者の高い技術を必要とします。どんな曲を選ぶか。それにあわせたシークエンスは。時間配分は。

たとえば山場に力強いポーズを持ってこようとすると、綿密な計画を立て、更に秒単位での計算が必要になってくるため、直前につい早口になってしまったり、生徒さんのアライメントをきちんと直せなかったり、時計とにらめっこをしたり、という先生方をたまに見かけます。

とっても気持ちは分かります。どんなに綿密に計画を立てようが、レッスンは生もの。何があるかは「その時」でないと分かりません。どんなときも、どんなことにも対応するためには、「音楽」にばかり気をかけているわけには行かないのです。

 

まとめ

音楽をかける、かけない、は人によって「合う、合わない」があるため、試してみて自分が一番しっくり来るものを見つけるしかありません。

次回は、音楽をかけないメリットについてお伝えします。
よりよきヨガ・ピラティスライフのために。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ