姿勢を良くしようと頑張りすぎて、
肋骨をポンッと飛び出だせてしまいそうになることはありませんか?

肋骨の底部はきちんと骨盤のほうに向けて収めておく必要があります。
この肋骨が前に突き出てしまうと、腹筋が上手に使えないばかりか、
反ったままワークアウトをするために、背骨や腰を痛めてしまう原因になってしまうことも。

腹筋を大きく2つのパートに分けると、
おへそより上のパートとおへそより下のパートに分けることができます。

おへそより下のパートは意識しやすいため、鍛えればすぐに結果が出やすい場所。
対しておへそより上のパートは肋骨が飛び出ていると上手に筋肉が使われず、
いくら腹筋運動をしても結果が表れにくい場所です。

この、おへそより上の腹筋を鍛えるには、肋骨の底部は骨盤に向け、
更に椎骨一骨一骨をばらばらに動かす必要があります。

ロールアップ・ロールダウンのとき、この部分がうまく使えないと、
首や肩に要らない力が入ってしまい、すご~~~く痛くなってしまいます。

もし首・肩に無駄な力が入ってしまうようなら、
道具などを使って、正しく椎骨一骨一骨をひとつずつ動かしていく訓練が必要になります。

 


皆様のご感想です。

・ひとつの部位を意識すると、ほかの部位に意識が向けられなくて、
同時にすべてを意識するのが難しかったです。

・頭では理解できるけど、カラダがついていかなかったです。
すべてできるようになると、体が変わるのかなと思います。

・一週間通わなかっただけでメンタルもカラダもだめだな、と思いました。
もっと続けていきたいです。

・続けて通っていたおかげか、すべての部位に同時に意識がいくようになりました。
体幹もすごくできてきた感じがします。

・全身ブルブルしてます。もっと頑張ろうと思いました。

 

無理をせず、今日のカラダでできることを、感じながら行っていきましょう。
続けていくうちにカラダはこたえてくれるはずです。

皆様の毎日が、より輝いたものとなりますように。
ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ