こんにちは。
「ヨガをするほど腰を痛める。」
こんなお悩みの方も結構いらっしゃるようです。

 

腹筋を使わずに、腰だけでポーズをとろうとすると、どうしても腰に負担がかかり、腰痛の原因になるのです。

そのため、シャクティでは腰を使わずに腹筋を強化することに重きを置いています。

 

腹筋を上手に使えないと、インストラクターの方でも、職業病のように、無理をされてレッスンすることもあるとか。
私もかつては腹筋が弱く、柔軟性にまかせたヨガのプラクティスのし過ぎで腰痛に悩まされたことがありました。

 

 

 

「ヨガで腰痛。」



自分がなってみるまでその相関性を理解できませんでした。
治るまでおよそ1ヶ月。
まさに地獄のような苦しみでした。

ヨガをしていると、自分の可動域を超えて行ってしまうことが時としてあることも。
ほんの少し痛みを感じた時点ですぐにやめておかないと、
実は体が悲鳴を上げていたシグナル、ということもありえます。

 


「ヨガで腰痛」にならないために。

腰を反らせたり、回転したり、前屈したり。
ヨガを行うと、腰は大忙し。
気をつけていないと、オーバーワークになってしまうこともあります。

そのため、腹筋を強化する必要があります。

腰だけで動かそうとすると、椎骨や関節などにダイレクトに負担がかかり痛めてしまう原因に繋がります。
これを防ぐため、腹筋で腰周りのすべての負担を肩代わりしてあげる必要があります。

腹筋が弱いと、骨や関節で姿勢を維持しようとするので痛めてしまうのです。
腹筋をものすごく使わないと、腰周りの組織を安全に維持しながらワークアウトすることはできない。

体の柔らかい方は特に、その柔軟性だけで「カックン」と一点に集中して腰を反ってしまい勝ち。
この「カックン」となってしまった部分がダメージを受けてしまうのです。

「カックン」とならないためには、腹筋を強化しつつ、
体幹の筋肉をフル稼働させて椎骨一骨一骨を均等に引き伸ばしながら、
アーチを描くようにゆっくりと倒していきましょう。

決して反動を使ってはいけません。



尾てい骨から頭頂まで綺麗な弧を描くようにすることで、一部分だけに負担がかかるのを防ぎ、
結果として腰痛予防になることでしょう。

体や心の中にある痛みに耐えながらも、
今日も笑顔で周りの方々を照らしていらっしゃるすべての方へ。
1日も早く痛みが和らぎますように。

ありがとうございました。

 

*シャクティでは、腰を痛め、改善方法を模索した経験をいかし、
腰に負担をかけないご案内を徹底しております。

そのため、腹筋をはじめとする体幹をつくることを第一とし、
更に、生活に役立つからだの使い方のご案内もしております。
どうぞ楽しんでご参加ください。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ