そうだ、心と体のリセットしよう
ヨガと子育て、ジブンそだて!
  • HOME »
  • ヨガと子育て、ジブンそだて! »
  • 太股

タグ : 太股

ピラティスクラス、あるがままの美しさを求めて★「美しい姿勢」は「無理のない姿勢」

初めてレッスンにいらした方に、「ご自分が一番『美しい』と思う姿勢で立ってみてください。」とお願いすることがあります。 その方それぞれの「美しい」と思う立ち方があり、今まで生きてきた中で培ったすべてがそこに現れています。 …

骨盤の回旋は腰痛・肩こり・膝痛などを引き起こす!?★~その②~改善するためのポイント!

前回は、骨盤の回旋が体のあらゆる痛みなどを引き起こすことをお伝えしました。 今回は、骨盤の回旋を「自分で」把握し、改善させる方法についてお伝えします。   自分で分かれば、自分で調節できる!☆骨盤の回旋を感じて …

膝に負担をかけない!★三角のポーズの注意点~その②ポーズの入り方~

前回は、ポーズに入る前段階の脚の動きについて行いました。 この、「脚の動き」でしっかりと全身を使うことが出来れば、ポーズに入ったときに「負荷に耐えられる下半身」が作られていきます。 関連記事:膝に負担をかけない!★三角の …

膝に負担をかけない!★三角のポーズの注意点

ヨガではおなじみの「三角のポーズ」。 とてもよく行われているポーズではありますが、「体に負担をかけずに」ポイントを抑えて行うことは、結構技術が必要です。 中でも、関節の柔らかい方にとっては、前の脚の膝が必要以上に伸ばされ …

姿勢は足裏で分かる!?★正しく立つポイントとは?

姿勢分析をする際、足型を採らせていただいています。 「足型」を拝見することで、正面や背面、側面から見ただけでは分かりにくい、微細な「体の問題点」が分かってきます。 右重心だったり。 左足の親指に体重がほとんど乗っていなか …

鼠蹊部(そけいぶ、股関節、足の付け根)の痛みを改善しよう!★痛い部分の負担を減らすためのポイント

*鼠蹊部(そけいぶ):左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の三角形状の部分。 解剖学的には恥骨の左右の外側・股関節の前方部にあたる。 重心を片足にかけたりしていると、腰や鼠蹊部、膝や足首など、様々な部位に負担が …

美しい座り方をマスターしよう!★美しい姿勢で食べると、ダイエットに効果的!?その③

前回は、「美しく座るためのポイント」お伝えしました。今回は、その第2段階に入ります。骨盤をしっかりと立てて座った後に、更に「脚」を働かせていくことで、より背中が伸び、体感の筋肉たちがいい感じで仕事をしてくれるようになりま …

側わん・膝痛・肩こり・腰痛などを予防、改善!★「土台」を変えると一瞬で立ち方が変わる!

何気なくただ「立って」いると、普段は気づかない自分の「クセ」が出て、結構「真っ直ぐ」に立てていないことがあります。 「真っ直ぐ」に立つことは、かなりの技術が必要。意識の向け方、筋肉の使い方、左右の均衡の保ち方など、様々な …

全身に影響を及ぼす!? これだけは抑えておきたい!★左右の坐骨の不均衡を正す7つのポイント。

姿勢よく、骨盤を立てて椅子に座るとき、「左の坐骨は良く分かるけど、右の坐骨はどこにあるか分からない」といった経験はありませんか?坐骨は左右均等に使えることが理想的です。 左右均等に使えないと、骨盤が曲がった状態で、骨盤の …

ついやってない?★膝や足首を痛めるこんな脚の使い方

「何もしてないのに、年々膝が痛くなってくる。」「内側重心なのに膝の内側が痛い。」こんな経験はありませんか? その痛み、もしかしたら「脚の使い方」に原因があるかもしれません。   脚の使い方は、お一人お一人違いま …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。