そうだ、心と体のリセットしよう
ヨガと子育て、ジブンそだて!
  • HOME »
  • ヨガと子育て、ジブンそだて! »
  • 意識

タグ : 意識

ピラティスクラス、あるがままの美しさを求めて★「美しい姿勢」は「無理のない姿勢」

初めてレッスンにいらした方に、「ご自分が一番『美しい』と思う姿勢で立ってみてください。」とお願いすることがあります。 その方それぞれの「美しい」と思う立ち方があり、今まで生きてきた中で培ったすべてがそこに現れています。 …

骨盤の回旋は腰痛・肩こり・膝痛などを引き起こす!?★改善するために必要なこととは?

10代の頃や、出産前の頃ならあまり気にならなかった体の不調。「膝痛」「腰痛」「股関節痛」など、出産や加齢、生活習慣、不良姿勢の持続などにより、だんだん顕著になったりすることも。 痛みの原因は「日常生活でのちょっとしたクセ …

膝に負担をかけない!★三角のポーズの注意点~その②ポーズの入り方~

前回は、ポーズに入る前段階の脚の動きについて行いました。 この、「脚の動き」でしっかりと全身を使うことが出来れば、ポーズに入ったときに「負荷に耐えられる下半身」が作られていきます。 関連記事:膝に負担をかけない!★三角の …

シャバアーサナ(屍のポーズ)探求の道★10分以上行うと得られる効果とは?

ヨガの一番最後に行うシャバアーサナ。単なる最後の「リラックス」や「クールダウン」のためのものと認識されがちですが、毎日行ってみると、色々な効果が実感できます。 パワーヨガを世界的に広めたブライアン・ケストも、「ヨガで一番 …

階段を下りる姿も美しく! ○○を鍛えて姿勢美人!!

美しく歩くことには意識をむけることができても、階段を降りたり上ったりするときに、気を抜いてしまうことはありませんか? 実は、階段を下りる姿は、真正面からぱっと見でその動作に目が行くため、このときこそ姿勢に気を配る必要があ …

「二重アゴ」を食い止めよう!★スマホや読書で「うつむく」姿勢でもタルませない!

二宮尊徳さんではありませんが、歩きながらも情報を収集する勤勉なわたくしたち、日本人。(「歩きスマホ」はキケンなのでやめましょう。笑) その代償は肩こり・首こりだけでなく、「二重アゴ」と言う見た目にもダイレクトに影響を与え …

ヨガクラス、初めてのヨガフロー★キホンを抑えてみっちり体幹作り!

通常のレッスンでは「正確性」を最優先事項として行っています。 私自身、何年も、ただ「気持ちいい」だけで行っていたことがあり、そのために「骨盤の回旋」や「背骨の湾曲」「片足重心」など、様々な症状が強く表れてしまいました。 …

四つんばいはキケンなポーズ!?★体幹使って体を支えよう

「四つんばいのポーズ」。   一見「手」と「膝」で体重を支持しているように見えますが、体幹をしっかりと安定させずに「腕の力」だけで体を支えようとすると、あらゆる部位に負担がかかってしまいます。 体の重さが「腕」 …

鼠蹊部(そけいぶ、股関節、足の付け根)の痛みを改善しよう!★痛い部分の負担を減らすためのポイント

*鼠蹊部(そけいぶ):左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の三角形状の部分。 解剖学的には恥骨の左右の外側・股関節の前方部にあたる。 重心を片足にかけたりしていると、腰や鼠蹊部、膝や足首など、様々な部位に負担が …

食べてるときもトレーニング?★美しい姿勢で食べると、ダイエットに効果的!?その② 

前回、骨盤を立てて「美しく座って食べる」だけで食べすぎを防ぐことができることについてお伝えしました。 「骨盤を立てて姿勢よく座る」と一言で言っても、「正しく」座るためには、あらゆるチェックポイントを抑える必要があります。 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。