仰向けの姿勢で手を頭の後ろに置き、上半身を持ち上げる「チェストリフト」。このワークアウトは、本来腹筋を有効に使って強化していくもの。腹筋をきちんと使えないと、首で頑張ってしまいます。慣れないうちは胸を持ち上げようとする意識よりも、頑張って頭を持ち上げようとする意識のほうが強くなり、首だけでカクッと起こそうとしてしまいがち。

胸ではなく、首だけで持ち上げようとすると、首や肩にすごく力が入ってしまい、痛める原因になりかねません。できるだけ胸椎をあげるようにしたいもの。けれど、この部分には、肋骨があるため、首に比べて滑らかな動きができにくい場所。日ごろ鍛えている方は別として、初めての方やなれていない方にとっては、「胸を持ち上げる」ことはとても大変なことです。

このとき、無理に持ち上げようとして、首だけを持ち上げるのではなく、尾てい骨から第一頚椎を通って、後頭骨を通って頭頂部までが綺麗な弧を描いているようにイメージしてみましょう。そうすることで、首だけでカクッと曲がることを防いでくれるかもしれません。また、尾てい骨は床から持ち上げないように、床にベタッとくっつけるようにすると、弧の先端である頭頂部が更に持ち上がる手助けになってくれます。

更に、このポーズは肩がどうしても前にきて丸まりがちになってしまいますが、肩はきちんと後ろに持ってきて、胸筋を開きましょう。頭は、前に倒して首をカクッと曲げると、その力で腹筋が楽をしてしまい、腹筋への効果はあまり期待できません。頭を後ろに持ってくることで、頭の重さが負荷になり、腹筋が強化されてゆきます。この上半身のアライメントを維持するためには、かなりの筋肉の力が必要とされます。あせらず、少しずつつけてゆきましょう。

参加された方のこ感想です。

・前回もですが、どうしても首で頑張って上がろうとしてしまうので、首に負担がかかるのがよく分かります。もっと腹筋を使えるようにしたいです。
・体の使い方を、うまくできないので、難しかったです。
・久しぶりだったので、きちんと腹筋を使うことができず、つりそうになりました。やっぱり使わなくちゃダメだな、と思いました。

この姿勢をマスターすることで、首のアライメントも整い、日常生活でも「首の痛くなりにくいからだ」になってゆくことでしょう。少しずつ、ご自分のペースでつづけていってください。

健やかな毎日のために。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ