夏休み、子どもたちが家でわさわさとしていた時期がやっと終わり、待望の始業式。気がつけば、何やかやと理由をつけて動かしていなかった体のツケが出てくる時期です。「毎年のこと」ではありますが、新学期から思いも新たに頑張っていきましょう。

「筋肉には休養が必要」とはよく言われます。夏休み中、じっくりたっぷり「休養」した筋肉たちは再開させることで、夏休み前以上の体を手に入れることができます。それはひとえに「自分の頑張り次第。」まずは意識を目覚めさせ、スイッチをオンにしましょう。

脚をマッスクまで使うことで脳に刺激が伝わり、全身が目覚めていくはずです。今日のレッスンでは、全身伸ばしつつ、足を強化していきました。衰えやすい脚を強化して、「アンチエイジングな体」を作っていきましょう。

皆様のご感想です。

・夏の間に体が衰えているのがよく分かりました。前はできていたのが、今はできていないことにショックです。

・夏、すっごくダラダラしていたので、筋肉がすごく落ちました。

・自分で体を真っ直ぐにしているつもりでも、体がすっごく曲がっていることに気がつきました。それから、筋肉のなさを痛感しました。長座になったとき、その姿勢だけでも、腿がすごくプルプルするくらい筋肉を使って、「こんなに筋肉がないんだ!」と感じました。

・太股の力を使い切った感じがします。立って、壁を使った片脚立ちがきつかったです。苦手なので、強化していきたいです。

 

レッスンの後、「解剖学的な見地による正座の仕方」、「体のどこにも負担をかけないブリッジの仕方」を個別でご相談させていただきました。お一人お一人体は違うので、細かい部分にまでご案内できたことと思います。それぞれの課題を続けることで、体はこたえてくれるはずです。一歩ずつ、歩んでゆきましょう。

 

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ