椎骨や骨盤から腿の骨についている腸腰筋。脚を上げるためには必要不可欠な筋肉。脚を動かすときは、骨盤を固定して、この腸腰筋の働きのみで行う感覚がほしいもの。骨盤が左右どちらかに傾いていると、どちらかの腸腰筋が伸ばしにくかったり、拮抗している腿の後ろ側の筋肉群であるハムストリングスや大殿筋などの伸びも左右で違いが出てくる恐れがあります。

放っておくと脚を前後に開いて立ったときに、骨盤が安定する側とぐらぐらする側にはっきり違いが現れるくらいの差になってしまうことにもなりかねません。意識して骨盤を安定させ、左右の腸腰筋やハムストリングスを均等に使えるようにトレーニングしていきましょう。

 

骨盤を安定させて左右の脚の違いに気づいてみよう。

1、王子様座りになりましょう。

まず、右脚を前にして膝が90度になるように曲げましょう。そして左脚は膝から足の甲までを床につけます。

2、骨盤を整える。

左右の大転子(大腿骨頭の外側にある「ぐりぐり」としたポイント。)の高さを揃え、骨盤が前の壁に対して平行になるようにします。この時点で左右の骨盤が立ったときと同じ状態にならない場合は、脚を広げすぎているかもしれません。その場合、まずは左ひざが左の骨盤の真上になるようにしましょう。

 

3、上半身のアライメントを整えましょう。

 3-1、大転子のボルトを整える。

左右の大転子をつなぐボルトがあるとイメージして、このボルトが壁に対して、そして床に対して平行になるようにしましょう。

 

 3-2、ウエストのボルトを調整。

女性の場合、左右のウエストの一番くびれている部分にボルトが一本通っていることをイメージし、このボルトを真上に引っ張りましょう。

 

 3-3、肩のボルトを整える。

左右の肩先にボルトがあると意識して、このボルトが前から見たら真一文字になるように長くしながら床におろすように引っ張り下げます。このとき、肋骨が反りやすい状態になるので、前側の肋骨の底部でお腹を押すようにします。

 

 3-4、耳のボルトを意識。

左右の耳の穴の中にボルトが通っていることをイメージしてこのボルトを引き上げます。

 

3-1~3-4までのボルトはいずれも床と前の壁に対して平行、かつ大転子のボルトの真上になるようにしましょう。上半身は前側と後ろ側が平行になっているようにイメージします。この4つのボルトをきちんと真上に積み上げるためには、腹筋や背筋、お尻の筋肉などを総動員する必要があります。徐々に身体を整えていきましょう。

 

4、2の位置に戻ります。

 

5、反対側も行いましょう。

左脚と右脚でやりにくかった方、やりやすかった方があるかもしれません。ご自分の癖や今の身体の状態に気づいて、調整することが大切です。日ごろから意識してみましょう。

 

参加された方のご感想です。

・先週のピラティスで背中の筋肉痛がすごくて、二日くらい筋肉痛が続いてました。

・腸腰筋伸ばし、左右差がすごく感じられました。

・上半身がすぐに反ってしまうので、今後の課題です。

・細かい動きはまだ良く分からないので、今日は反らないように、だけ気をつけていました。

・大分久しぶりなので、身体がばきばきです。やっぱり腰が反り腰になってしまうので、正しい位置にしていただくと、腹筋はスゴイしんどいけど、腰はラクです。

・久しぶりで、きついところもあったんですけど、腰辺りが気持ちよかったです。

・上半身をひねって腹筋を使っていくポーズがきつかったですが、とっても効きました。筋肉痛になりそうです。

・ここに通うために、近くに住みたいです。探したってこんなに質が高くて安いところはなかなかないです。

骨盤を整え、上半身を整え、その上で脚の動きを加えてみると、左右差が分かってくることでしょう。まずは意識が大切。日常の中でも左右差に気づく第一歩になるかもしれません。
ご自分の意識で整えることは可能です。気長に続けてみてはいかがでしょうか。健やかな毎日のために。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ