爪先立ちをするとき、重心が前にいってしまうことはありませんか? 重心が前にいってしまうと、ぐらぐらとして安定できません。爪先立ちでも横から見たらきちんとかかとの上にくるぶし、骨盤、肩先、耳たぶ、そして頭頂が来るようにしましょう。ピンヒールを履くときもこのアライメントです。

また、足の内側を使うためには、内くるぶし同士が繋がっている感覚が大切です。コレがなければ外側に重心がいってしまい、足首に負担がかかってしまいます。外側重心は、すぐに「かくんっ」と足首が倒れてしまいがちな、非常に危険度の高いアライメント。

内くるぶし同士をつなげて、内側に重心を持っていきましょう。そうすることで、内太股が効率よく使え、立つだけ、歩くだけで腿の筋肉が使えるようになります。

 

参加された方のご感想です。

・爪先立ちをしただけでこんなに汗が出るのにおどろきました。常温ヨガなのに、ホットヨガと同じようにあついです。(他のスタジオは)こんなに一つ一つのポーズを丁寧にやってくれないので、今までやっていたヨガと全然違います。

・自分ではここまできっちりとできないです。今日教えていただいて、今までの体の使い方が全然できてなかったんだと思いました。

・この前のレッスンでは、全部をばらばらに意識して動かすことができたのですが、今日は、一箇所動かすと連動して他のところも一緒に動いてしまいました。また繋がってしまっている感じで、多分、「今日は調子がいい、今日は調子が悪い」の繰り返しなのかな、と思いました。

・今まで行っていたヨガと全然違った、というのが、衝撃的でした。内側の足、が全然使えていなかったかな、というのが、普段使えてなかった筋肉が喜んでる感じです。今までダラダラしてたんだな、とこのレッスンを通して気がつきました。ありがとうございました。

・すごく気持ちよかったです。ちょっと駅からはあるので、地元の方がくるのかと思ったらすごく本格的でびっくりしました。

・この近くに引っ越そうかな、と思いました。

日常のちょっとした動作にも、気をつけていないと危険な姿勢はたくさんあります。ご自分のお身体は自らが守る意識が大切です。愛しんであげてくださいね。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ