私のクラスでは、基本と言われている太陽礼拝はほとんど行いません。なぜなら、きっちりとポイントを抑えて行うので、かなりハードなワークになってしまうため。そしてきっちりと体幹を作ったうえで行わなければ、とても危険だからです。

例えば足の指。プランクポジション(腕立て伏せのポーズ)からアッパードッグ(プランクから足の指をくるんと曲げて足の甲で床を押し、お尻から頭頂部までを均等に反らせる)に移るとき、足の指をくるんと丸める動きがありますが、このとき、きちんと28個の足の指の骨をすべて使って滑らかに動かすことができなければ、「かっくん」となってしまい、足の指が非常に危険です。

しかも、「くるんっ」と丸める時には足指にはほとんど体重を乗せたくないため、体幹で体重を支える必要があります。しかも肩や肘にも負担をかけないこともポイント。

また、足の指と肩関節、そして椎骨以外は一切アライメントを変えない状態で行わなければなりません。はじめのうち、厳しいと感じた場合は、まずは片方ずつ足の指を丸めてみましょう。このとき、指をフラットにすることが実はとても大切なことです。

フラットになっていなければ、「かっくん」っとなってしまうため、必ず指はフラットにしてから「くるん」と丸めます。この、「くるん」の最中は足に体重を乗せるのは危険なため、体幹で体重を支えるしかありません。でも手や腕にはあまり負担をかけたくない。

そのため、体幹をものすごく使わないと滑らかで安全な「くるん」ができません。こうしたことを一つ一つ丁寧に紐解いていくと、太陽礼拝はかなりキツイ動きと言えるでしょう。

きっちりと行うためには、この動き一つでも、かなりの訓練が必要です。今日のレッスンでは、「プレ太陽礼拝」として、プランクからダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)、プランクに戻ってアッパードッグ、またプランクからチャタランガ(腕立て伏せから肘を曲げた状態)、プランクを通って、ダウンドッグを通って立位前屈で山のポーズ(気をつけの姿勢)になるところまでを行いました。

一つ一つを丁寧に行うことでかなりの体幹の力を必要とします。流れで動いてしまうと、思わぬ怪我などに結びついてしまうため、きっちりと行っていきましょう。

 

参加された方のご感想です。

・太陽礼拝を、何も考えずやってしまうとこんなに細かいところは分からないですよね。流れでやってしまっていると、それが正しくできているのか分からない。

・プランクからアッパードッグに移る動作、非常にきついです。

・適当にならできる。きっちりとやろうとすりと、かなりきつくてできない。
ーーー適当にやってしまうと、指などを壊してしまいそうになってしまうため、きっちりやったほうが、安全に行えます。そのため、足の小指もちゃんと使わないと、負荷が他のところにものすごくかかってしまいます。

・きつかったですね=!ただの腕立てが、1回やるだけでこんなに効くのかっていうのが、びっくりです。腕立てじゃ足りないから、ウエイトを使ってベンチとかやるんですけど、コレで十分なんだって思いました。1回がぎりぎりで、そう何回もできないです。
ーーーもはや自重トレーニングですよね。ポイントを抑えると、かなりきついはずです。ものすごく全身を使うので、おうちでもぜひやってみてください。

・きつかったです。でも、肩をしっかりとアライメント整えたら、肩甲骨が張る感じかして、気持ちよかったです。

・下っ腹が、もう、つりそうな感じです。

・奥が深いなー、と思いました。内容(メニュー、シークエンス)のきつさよりも、正しく使うことの方が難しいな、と実感しました。足の指のちからだけで重心移動させるわけではないので、まだまだ体幹がしっかりしないとできないなー、と思いました。
難しいけど、面白いです。できなくて、悔しいので、できるようになりたいです。
ーーーはたから見ると、すごく地味な動きで、たいしたことをしているようには見えないかもしれませんが、きっちり行うと、かなりきついですよね。お疲れ様でした。

流れで行ってしまうと簡単にできてしまうかも知れませんが、思わぬ事故や怪我に結びつく恐れがあるため、しっかりと基本を抑えて行いましょう。

輝ける人生を送るために。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ