仰向けで脚を上げるとき、お腹や脚の筋肉を適切に使わないと、十分な効果が得られない場合があります。
きちんと土台をつくった上で、ワークアウトをしていきましょう。

仰向けでテーブルトップのポジション(腿と床が垂直、脛と床が平行の状態)をとったとき、お尻が浮いてしまうことがあります。
お尻が浮いたままワークアウトを行うと、適切な負荷がかかりません。

「ただなんとなくその動きをしている」状態になってしまいます。
お尻はきちんと床にくっつけておきましょう。

この時のポイントは、「大転子のボルト」。
左右の大腿骨の外側のぐりぐりにボルトがあるとイメージして、これを床に押し付けます。

きちんとお尻が床に付き、これで土台ができてきます。
ここを元に、太股の後ろ側の筋肉が真上に引き伸ばされ、股関節に、深い溝ができて、骨盤周りの筋肉がきちんと使われます。
このポジションをキープしながら、仰向け+テーブルトップや脚を動かすワークアウトを行うことで、本来の効果が得られるはずです。

参加されたの方のご感想です。
・すごくきつかったけど、終わった後、気持ちよかったです。
・体を動かしたことで、気持ちも体もすっきりしました。
・違いが分かりました。

ちなみに、テーブルトップで物足りない方は、膝を伸ばしてつま先を天井に向けて行ってみましょう。
脚の重さ全体が負荷となり、また、使う筋肉が微妙に変わってくるため、更に効率のよいワークアウトが行えます。

膝を伸ばすことがきついと感じられる方は、まずはテーブルトップのポジションで、「正しいからだのアライメント」を体に覚えこませ、慣らしていくことからはじめてみましょう。

ご自分の今の体に合わせて行ってみてください。
ゆるぎない土台をつくっていきましょう。
ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ