いつもと同じシークエンスを行っていたとしても、身体が思うように動かない日はありませんか?「だるい」まではいかないけれど、いつものようなキレがなくて、「なんとなく首が痛い。」とか。

そんなときこそ実はチャンスだったりします。体が動かしにくいときは、自分の課題が顕在化してくる。身体が思うように動かしにくいときや、冬など身体ががちがちになって動かしにくくなる時に、じっくりゆっくり自分のできないところ、動かしにくいところ、硬いところなど、自分の課題と向き合うと、春になったとき、体調のいいときや普通のとき、「自分の身体じゃないみたい!」に成長を感じられることがあります。

可動域がひがったり、筋力がアップしたり、ポーズがとりやすくなったり。実はものすごいチャンスだったりする。これを活かす事ができれば、更なる次のステージが待っているかもしれません。

今日のレッスンでは、「ハンドレッド」という動きで、お一人おひとりにあったレベルで行いました。仰向けの状態で上半身を起こし、脚を上げて両手を動かす。一見地味な動きですが、慣れていない方にとっては、首だけで上半身を持ち上げようとしてしまうため、首に相当な負荷がかかってしまいます。

このワークは首ではなく胸椎を持ち上げ、首にはほとんど負荷をかけたくない。首に余分な力が入ってしまう場合は、頭を下ろして行うだけでも、きちんとポイントを抑えることで、効果が期待できます。

頭を上げていてもまだ余裕のある方は、脚をテーブルトップ(すねと床が平行、腿と床が垂直、膝と腿が直角の状態。)に。まだ余裕のある方は、腿を全く動かさずに膝を伸ばしてつま先を天井に。そのまま3分の1下ろし、3分の2を下ろし、最後に床から5~10cmのところでぴたっと止めてワークアウトを続けます。

無理をせず、ご自分の今の体調に合わせて行います。同じ方でも、その日によってできることは違うかもしれない。その日のご自分の身体に合わせて行ってみましょう。

参加された皆様のご感想です。

・腹筋、スゴイ使った気がします。

・腹筋の力、出し切った感じです。もう空っぽになった感じがしました。横向きで、下の脚を上げたりする動きは、今まで使ったことのない筋肉使って、あんなところ(内腿)使った事ない、と。動かしたことのないところを動かすと、つりそうになるのですが、今日は何回も乗り越えながら、何とか頑張りました。

・今日は、体調も疲れていたためか、久々にきつかったです。力が入らなかったです。先週の筋肉痛が残ってたためかもしれません。

・面白かったです。今日はやらなかったですけど、フロー(最初から最後まで、休憩を入れずに流れるように行う)は、1時間行うとすっごい集中力とかが研ぎ澄まされて楽しいです。

・お腹がひくひくしています。

・右脚が短い関係で、股関節が今まですごく痛かったのですが、こちらに来た日とその次の日位までは痛くないんです。この効果が薄れていくと「痛~~っ」となってしまって。1時間でも、こちらで伸ばしたり、とかすると、調子が良くて、痛くならないです。

調子のいいときには気づかなかったことが、絶好調ではないときに気づくこともあります。丁寧にご自分の体を見つめてあげてみてください。そして身体に「休憩」を与えてあげることで、それが栄養となり、次へと実を結ぶことに繋がるかもしれません。

身体からのサインは新たなステージの前段階。チャンスを丁寧に活かしてあげて下さい。よりよき毎日のために。
ありがとうございました。

 

 

 

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ