平成最後を飾るヨガレッスンは、マンツーマンフローでした。

平成の時代にシャクティで行ってきたレッスン、てんこ盛り。
さらに普段あまりできない、難易度の高いポーズを組み合わせて、体の使い方もよりマニアック(?)にご案内いたしました。

今日のメニューの抜粋

☆つま先立ち、合掌のポーズ(O脚改善、脚の筋肉の強化)

  • まずは全身を伸ばしていきましょう。
  • かかとの真ん中は正中線に対して平行になるような軌道を描いていきます。
  • 真上にあげて、真下に下げます。

多くの場合、かかとを上げたとき、かかとの真ん中が内側を向いてしまうことがあります。
これがO脚の大きな原因の一つ。

かかとの軌道をしっかりと安定させて動かしていきましょう。
かかとの真ん中が内側を向いてしまうのは、うち太ももが弱い可能性があります。しっかりとうち太ももを働かせて行いましょう。

 

☆お腹を使うカラスのポーズ。(バランスではなく、腹筋の強化)

  • お尻を上にあげると肘が伸びません。
  • お尻を下、お腹を上にすることで、肘を肩幅にして伸ばすことができます。
  • バランスではなく、腹筋を使って体を持ち上げましょう。

 

☆片足立ちシリーズ(脚力の強化、左右差改善)

〇片足を脚を前に伸ばすポーズ
〇踊り子のポーズ

~ポイント~

・胸骨を左右平行にする
・体側を左右同じ長さになるように
・骨盤を左同じ高さに

やりにくい方の脚とバランスのとりやすいほうの脚がある場合、やりにくい方を時間をかけて整えていく。
やりにくい方の感覚をより研ぎ澄ましていく。

 

〇ワシ

・軸足の膝のお皿の真ん中とつま先、足首の真ん中をずっと真正面に向けておく。
・カラスと同じように、腹筋を使って、上半身を骨盤の真上にする。
・横から見たら、骨盤の真上に肩、頭が来るように。

 

〇木のポーズ、

足の裏に負けない太ももの内側の力が必要。足の裏でうち太ももを押し、うち太ももで足の裏を押し返します。
多くの場合、足の裏の力のほうが強く、うち太ももが正中線よりもかなり外側に行ってしまいがちに。

~大きく傾かないためのポイント~

  1. まず両足で左右の脚に均等に体重をかけましょう。
  2. そこから、右の母指球、小指球、かかとの3点で床を踏みしめ、左の脚をわずかに宙に浮かせます。
    その状態では、まだ右足はそんなに大きく右に偏ってはいないはず。
    ポーズの最中も、できればこの状態を維持するように脚の力、体幹の力など、様々な筋肉を働かせます。
  3. この状態を維持したまま、ポーズに入っていきましょう。左の足の裏を右の太ももの内側につけ、足の裏で太ももを、うち太ももで足の裏を押し合いっこします。
  4. 骨盤の高さ、肩の高さを左右揃えましょう。
  5. 体側の長さも首の横の長さも、左右均等に。
  6. やりやすい足と、やりにくい足があるかもしれません。やりにくい方の脚を少し長めに行ってみましょう。
    どこの部分に問題があるのか、感覚を研ぎ澄まして感じてみます。

 

〇英雄Ⅲ(全身の強化、左右差改善)

  • 骨盤を床と平行になるように
  • 背中が天井と平行、上げているほうの脚は、見えない壁を押しているつもりで

 

☆立ちポーズシリーズ

〇三角から半月へ。
〇三角ねじりから半月ねじりへ

  • 半月、上の体側は天井に水平になるようにまっすぐ向いている。
  • 下の体側は床に水平になるようにまっすぐに向いている。
  • 軸足は外側に回転して、つま先と膝の向きを揃える。
  • 上になっているほうの脚は、何かを力強くかかとで蹴り出している

 

  • 三角ねじり、半月ねじりは、骨盤が天井と平行
  • 右にも左にも倒れないように注意。
  • お尻の真ん中は左右ともに天井に向ける。
  • 肋骨の後ろから第3、第4の手が生えているとイメージして、天と地に広がっているように背中の肉を正中線に対して垂直に伸ばす。
  • 第3の手(床に近い方)で床を踏みしめ、安定させているとイメージすると、体幹がしっかりと働いてくる。

 

次回は、座りポーズのシリーズと逆転のポーズの注意点について、そしてご感想をお伝えします。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ