腰を痛めずに、正しく行う三角のポーズ



数ある立位ポーズの中でも、三角のポーズを正しく、美しく行うことは、実はとってもタイヘン。
無理に骨盤を開こうとしたり、間違ったやり方をすると、仙腸関節 などを痛めることも。


腰に痛みがあれば、この仙腸関節が開きすぎてしまった可能性があります。
本来、開きたいのは股関節。決して骨盤ではないのです。

 


腰を痛めない三角のポーズのやり方



①足の位置

左足のつま先を正面に向け、右足のつま先を左足に対して直角になるように右に向けます。
マットの正中線上に左足の土踏まず、右足のかかとの真ん中が来るようにしましょう。

 

②太ももを安定させる

左足の外かかとをぐっと踏みしめ、左足の太ももの筋肉で大腿骨(太ももの骨)をがっちりと引き締めます。

 

③骨盤の向きを正面に

右脚の太ももを1ミリも動かさないように力をこめ、骨盤だけを真正面に向けます。
この時、右の股関節の角度が広がってゆきます。

左足のつま先、膝・骨盤・おへそ・上半身のすべては真正面。
右の太ももは外旋して右ひざは正中線に対して直角に右に向くようにしましょう。
股関節を開きながら右太ももを回転させる感じです。

 

④上体をスライド

骨盤を左にスライドさせながら上体を右に移動させます。
右の体側が右の膝に向かって近づいていく感じです。

右の股関節の負担を減らすため、体重はできるだけ左足にかかるようにしましょう。
骨盤、上体すべてマットの正中線上に来るように調整します。
上から見たら、自分の全身が一本の線になったようにイメージしましょう。

 

アライメントを優先させる

右にスライドさせるのは、ほんのわずかでも構いません。
大切なのは、アライメントを崩さないこと。無理は禁物です。
必ずご自分の体にききながら、行ってください。

 

⑥ ①~⑤を反対側で行います。

 

正しく行うと、ご自分のやり易いほう、やりにくいほうがわかるかも知れません。
やりにくいな~と思うほうをじっくりと行うことによって、
日ごろの癖や習慣などで、できてしまったゆがみなどを矯正することができます。

試してみてください。
更にすばらしいヨガライフのために。ありがとうございました。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ