坐骨のずれは左右差の大きな原因



普段、坐骨を意識的に床やイスなどに接地させるようにしているのに、
なんだか左右差がある気がする。

こんな体験はありませんか?
実は、坐骨をただ接地させるだけではなく、坐骨が接地する位置がとても重要になってきます。

坐骨の接地面が外側や後ろ側などに倒れることなく、
坐骨の真下がきちんと床やイスに接地するように調整してみましょう。

更に、左右の坐骨の内側を平行にして、それがスーーーッと頭頂まで伸びているように意識します。
坐骨がきちんと正しい位置に来ることによって、左右差が改善されて側わんなどにも効果が期待できるはず。
骨も筋肉も左右均等に使えるようにする第一歩です。

 


皆様のご感想

・はじめてまっすぐ立てた気がします。
ちゃんと中心に立てて、芯がまっすぐと立てた感覚がつかめました。

・首周りがすっきりしました。

・万歳したとき、自分は、もっと後ろまで二の腕を持っていきたいのに、思ったより行きませんでした。

・きつかったけど、すっきりしました。

・思ったより難しかったです。
教わったことが、きちんとできれば、体も変わってくるのかなー、と思いました。

 

一朝一夕に体を変えるのは難しいことです。徐々に体を慣らして、じわ~っときかせてみてください。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ