寒いこの時期こそ、血流を



寒いこの季節、自然と肩周りが縮こまってしまう時期でもあります。
それは、寒さに対するからだの自然な防衛反応。
結果的に、肩周りの血流も滞ってしまい勝ち。

また、縮こまった体で急激に運動をすると、傷めてしまう原因になったりもします。
徐々にカラダに血をめぐらせ、肩周りをほぐし、 全身の筋肉を効率よく使っていきましょう。

 


今日のポイント



真横から見て、肩の真上に耳たぶが来るのが正しいアライメントといわれています。
肩の真上から30度傾くと脳への酸素供給量が3割減るそう。

これって、実は結構コワい話し。

改善しようとして、肩周りだけで無理に調整するのはかえってカラダに負担がかかってしまいます。
実は、一番最初に脚の使い方を調整する必要があるのです。

この脚の使い方をマスターすると、
楽に肩の真上に近い位置に耳たぶが来易くなります。

なかなかマスターするのは時間がかかるかも知れませんが、
徐々にカラダに覚えこませていきましょう。

 


皆さんのご感想



・二日前にやったヨガがきいていて、まだ筋肉痛が残っています。

・今年も腹筋を頑張ります。

・この2~3週間、使っていなかったので、血が通ってきた感じがします。
最後の方、動きが分かるようになってきました。

・背中のほうが使った感じがして、じんわり汗がきました。

・普段使っていない筋肉を使いました。

・久しぶりに自分に厳しくできたので、腹筋とか大事だと思いました。

・肩辺りの血が、すごく通ったような感じがしました。
固まっていたのが、ふわーっと暖かくなったような感じがしてよかったです。

・久しぶりにカラダを動かせて楽しかったです。

 


肩周りを楽に動かすためには、体幹の力や脚の力が必要です。
日々のトレーニングで、より美しいデコルテラインをゲットしましょう!

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ