椎骨の柔軟性とアンチエイジング



今日は、背屈とねじりに焦点をあてたレッスンを行いました。
椎骨1骨1骨を意識して伸ばしたり、回転したりして、脊椎一つ一つの柔軟性をあげて可動域をじわ~っと広げていきます。

この「一骨一骨うごかす」ということは、実はアンチエイジングにとても関係のあること、といわれています。

 


年齢とともに身長が低くなる原因

年齢とともに身長が低くなるのは、仕方のないこと、とあきらめてはいませんか?
確かに、日々重力にさらされて生活している私たちは、知らず知らずのうちに脊柱やカラダのあらゆるところに負担を強いられています。

だからとって、「身長が縮むのは仕方のないこと」とあきらめる必要はありません。
日々のトレーニングで今の身長を保つ、あるいは更に伸ばしていくことだって可能なこともあるのです。

実は、身長が低くなる原因は、重力のほかにもあります。

それは、椎間板

‘椎間板ヘルニア’のあの椎間板です。
この椎間板は、椎骨と椎骨の間にクッションとして挟まっているグミのような円盤状のもの。
水分がたっぷり含まれています。

この水分が、年齢とともに減って、弾力が失われ、結果的に椎間板の厚みが薄くなってしまいます。
椎骨は全部で24個あるといわれています。

その一骨一骨の間にあるすべての椎間板の厚みが減れば、それだけ身長に影響してしまいます。
では、この水分を減らさない方法は、あるのか。

あるんです。

椎間板の水分量を増やすこと、それは、
脊椎のターンオーバーを促進させることなのです

そのために、脊椎の椎骨一骨一骨を
伸ばしたり、曲げたり、反らしたり、回転させたり、と、
丁寧に動かしていくことが大切になってきます。

 


今日のメニューを終えた、参加者の皆さんのご感想です。

・いろんなところが伸びて、途中から気持ちよくなりました。
・朝来たときより、すごく伸びてます。気持ちよかったです。
・脊柱も伸びたし、三頭筋もすごく使いました。

ご自分の椎骨ひとつひとつを丁寧に意識して動かすことによって、
更にすらっとした、美しいスタイルを更新し続けてゆきましょう。

無料体験行っております。毎月限定5名、初月受け放題です。お申し込みはこちらからどうぞ。    にほんブログ村 健康ブログへ